写真提供:マイナビニュース

写真拡大

黒沢清監督が現地時間の23日、主演に女優の深津絵里と俳優の浅野忠信を迎えた最新作『岸辺の旅』(10月1日公開)で、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞を受賞した。黒沢監督にとっては2008年に審査員賞を受けた『トウキョウソナタ』に続く、同映画祭での受賞となる。

受賞会場となった満員のドビュッシーホールにて、審査員から「まさに岸辺(彼岸)への素晴らしい旅に連れて行ってくれる、最高の作品でした」との言葉を受けて、壇上に招かれた黒沢監督。登壇した黒沢監督は、「まさにサプライズで、とても緊張しています」とあいさつし、「監督賞は、作品全体の賞であると思っています。すべての俳優、すべてのスタッフに頂いた賞ということで、とても誇りに思います」と続けた。

主演の深津と浅野については、「一緒にカンヌに来られただけでも楽しい思い出になりましたが、本日、このような賞をいただいて、さらによい思い出になりました。お二人の力があったから、こうした場に招かれましたし、お二人がいたから初めて『人生』を描くことができました。日本に帰ってから、深津さん、浅野さんと『カンヌ楽しかったね』と盛り上がりたい」と語った。

現地時間17日に行われた公式上映では、観客席からのスタンディングオベーションだけにとどまらず、会場の外に待っていた多くのファンからも5分以上のスタンディングオベーションが続き、異例の大フィーバーを巻き起こしていた本作。その様子はフランスを代表する新聞リベラシオン紙でも写真入りで大きく1面で報道され、海外メディアからも、「今年のカンヌNO.1ではないだろうか!」と高い評価を得ていた。

映画の原作は作家・湯本香樹実の同名小説で、3年間失踪していた夫・優介(浅野)が妻・瑞希(深津)を連れて、失踪中に世話になった人々を訪ねて行く物語。瑞希はその旅で、それまで知らなかった優介の姿を知ることになる。優介はなぜ突然帰ってきたのか、そして優介が伝えたかったこととは。黒沢監督が"究極の夫婦愛"にチャレンジしている。

(C)Kazuko Wakayama
(C)2015「岸辺の旅」製作委員会/ COMME DES CINEMAS