(左から)山崎賢人、窪田正孝、優希美青 (C)NTV

写真拡大

 人気漫画「DEATH NOTE」が、7月期の日本テレビ系日曜ドラマ枠で実写化されることが決定。新たな「デスノート」で、ダークヒーロー、キラとなる主人公・夜神月を「ガチバン」シリーズの窪田正孝、ライバルの名探偵Lを「L・DK」や「ヒロイン失格」などで進境著しい山崎賢人が演じることが発表された。

 原作は2003〜06年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された大場つぐみ(原作)&小畑健(作画)による人気作。そのノートに名前を書かれた人間は死ぬという“デスノート”をめぐる物語は、2006年に藤原竜也&松山ケンイチで実写映画化されている。オリジナルストーリーを加えた今回のドラマ版には、映画版では描かれなかったキャラクター、ニアも登場。女優の優希美青が同役にキャスティングされており、大注目の若手俳優3人が先の読めない頭脳戦を繰り広げる。

 原作とは異なるキャラクター設定で描く新たな戦いは、「隠れた天才VS生まれながらの天才VS危険因子」。特に秀でたところもなく、夢も持たない大学生の夜神月(窪田)は、デスノートを手にしたことで内に秘めていたゆがんだ正義感と絶対的な天才性が目覚め、犯罪者を裁く殺人鬼・キラとしてダークヒーローになっていく。対する名探偵L(山崎)は、圧倒的な存在感をもった生まれながらの天才で、優れた人間観察能力で月の作戦をことごとく打ち破っていく。そんなふたりの戦いを見つめる謎の人物ニア(優希)は、可愛らしい顔の裏にどんな危険性を兼ね備えているのか、その正体は謎に包まれている。

 いずみ吉紘(「ROOKIES ルーキーズ」「予告犯」)が脚本を担当し、猪股隆一(「家政婦のミタ」)と西村了(「仮面ティーチャー」)が演出を手がける。チーフプロデューサーは神蔵克、プロデューサーは鈴木亜希乃、大森美孝、茂山佳則。プロデューサー陣は「原作の面白さはそのままに、原作通りにはいかないストーリー展開。原作を知っていても先が読めない、そんな“新たなデスノート”を楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。