「イスラム国」によるラマディ陥落 イラク軍の姿勢を米国防長官が批判

ざっくり言うと

  • 米政府は24日、「イスラム国」がラマディを制圧したことについて言及した
  • 米国防長官は「イラク軍が戦闘の意志を見せなかったというのが実情」と指摘
  • 「イラク軍の意志に問題があると私は感じる」と批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング