サラ・コナーとT-800型
ターミネーターの2ショットビジュアル (C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

 アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めた人気SFアクションシリーズ「ターミネーター」の第1作の日本上陸30周年を記念し、同作の公開初日となった5月25日が、日本記念日協会によって「ターミネーターの日」に認定された。それを祝し、日本のファンに向けたシュワルツェネッガーのメッセージおよびシリーズ回顧を収めた特別映像と、7月11日から公開されるシリーズ最新作「ターミネーター:新起動 ジェニシス」のスペシャルビジュアルが公開された。

 シュワルツェネッガーは、「日本の皆さん、5月25日は『ターミネーター』の日本公開から30周年の記念日だ。本当にありがとう。日本の皆さんの熱い応援のおかげで、大ヒットシリーズになったことを感謝している。7月公開のシリーズ最新作に再びターミネーターとして登場する。ぜひ劇場で会おう!」と笑顔で話し、変わらぬ親日家ぶりをのぞかせている。さらに回顧映像では、「ターミネーター2」でT-800型ターミネーターが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいく場面などの名シーンを見ることができる。

 あわせて公開されたスペシャルビジュアルは、T-800型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)と、彼に守られながら育った女性戦士サラ・コナー(エミリア・クラーク)の2ショット。炎の中に立つ2人が同じ方向を見据え、サラが右手にターミネーターの頭部を持っているという強烈なインパクトを放つビジュアルだ。

 「ターミネーター:新起動 ジェニシス」はシリーズ5作目。人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの母サラを抹殺するため、未来から過去へと送り込まれた殺りくマシーンのT-800型ターミネーターと、老いた同型のターミネーターの対決を描く。

 「ターミネーター3」以来12年ぶりにシリーズに復帰したシュワルツェネッガーは「自転車に乗るのと同じで、すぐに勘が戻るもの。キャラクターにすっと入り込んだ感じだった。脚本を読んでセリフの練習を始めたときから、自然と機械のような話し方になったよ」と語っている。