「8888」や「おおおおお」などのコメントも配置! (C)2015 映画「脳漿炸裂ガール」製作委員会

写真拡大

 初音ミクのボーカロイド曲を世界で初めて実写映画化した「脳漿炸裂ガール」のポスタービジュアルが、このほど完成した。ダブル主演を飾る「私立恵比寿中学」の柏木ひなたと女優・竹富聖花をメインに、「マカロン食べたい」など楽曲の歌詞が飛び交う仕上がりとなっている。

 映画は、れるりり氏がニコニコ動画で発表し、関連動画の再生数が4000万回を突破した人気楽曲を実写化。名門お嬢様学校の生徒たちが、不条理なサバイバルゲームに巻き込まれるさまを描き、竹富が超絶クールなエリート・稲沢はな、柏木がそんなはなにあこがれる市位ハナを演じている。

 あこがれの聖アルテミス女学院に入学した市位ハナは、教室で目を覚ますとクラスメイトとともに檻に閉じ込められており、突如、携帯電話を使った謎のゲーム「黄金卵の就職活動」が始まる。それは脱落すると“脳漿が炸裂する”というサバイバルゲームで、ハナは同級生の稲沢はなと一緒にゲームに挑むことになる。

 ポスターでは柏木と竹富のほか、共演陣の上白石萌歌、岡崎紗絵、志田友美、荒井敦史、菅谷哲也、浅香航大の姿もとらえている。そのほか、上部には拍手を表す「888888888」や、興奮を表す「おおおおおお」など、ニコニコ動画でおなじみのコメントが配置。ファンの支えにより成長してきた本楽曲を象徴する内容となっている。

 なおポスターは、全国の上映劇場で掲出中。オリジナル・クリアファイルが特典の前売り鑑賞券も発売されている。映画「脳漿炸裂ガール」は、7月25日から全国で公開。