ブンデスリーガ2014〜2015シーズン最終節。ドルトムントのホーム、ジグナルイドゥナパークは試合前から異様な熱気に包まれていた。公式発表された入場者数は80667人。いつもと同じ満席だが、より多くの観客がつめかけているように感じられた。

 ドルトムントにとってこのブレーメン戦はただの1試合ではなかった。13シーズンにわたってチームを支え、昨年3月、今季限りでの現役引退を発表した元ドイツ代表MFセバスチャン・ケール。7シーズンにわたりチームを率い、黄金時代をもたらした監督ユルゲン・クロップ。ふたりのホーム最終戦だった。クラブにとって象徴的な存在だったふたりがともに去る、特別な一日だった。

 ウォーミングアップの最中、ケールには花束の贈呈が行なわれた。この日はキャプテンマークもケールが巻いた。通常ならキャプテンはDFフンメルス。報道陣に配られるスタメン表には、フンメルスがキャプテンと印字されていたのを、手書きでケールと書き直されていた。キックオフの直前には「Danke Jurgen」(ありがとう、ユルゲン)という文字とともにクロップをかたどった幕が登場した。勝ち負けよりも、どうにかふたりを温かく送り出そうというファンの意志が強く感じられた。

 結果は3−2でドルトムントが勝利。そしてこの試合、香川真司は今季初めて、どこから見ても文句のつけようのない活躍を見せた。

 まずは前半15分に先制点を挙げる。ここまで4ゴールだが、先制点を挙げたことがなかった香川にとって、今季初めてと言っていい、明らかにチームを救うゴールだった。

「最終戦にきて、ここまでで初めての手応えというか......。大げさかもしれないけど、プレイの流動性や躍動感、それらが特に前半の攻撃は良かったんじゃないかなと思います」

 少しためいきをつき、苦笑いをしながら試合を振り返った。

 香川は4−2−3−1の2列目中央でプレイ。先発復帰したロイス(左)、オーバメヤン(1トップ)、ミキタリアン(右)という組み合わせは、これまでスピード感の違いに苦しむことが多かったが、この日は彼らとうまく共存した。時に引いてパスの出し手となり、時にゴール前でパスを受ける。そんな流動的な形が多く見られた。

 2点目、3点目は香川のアシストから。2点目はペナルティエリア手前のワンツーでオーバメヤンを使った。

「ロイスがさわってコースがかわって上手く流れてきたんですけど、ああいうところでボールが入って来て、そこにロイス、オバ(オーバメヤン)がいるっていうのがすごく大事。(これまでは)なかなかボールが入って来なかったり、そこでコンビネーションが上手くいかなかったのが、マルコ(ロイス)が入ってすごくやりやすくなりました」

 良好なコンビネーションの裏には地道な努力があった。

「声をだして呼び込むしかないので、いやになるくらい練習から呼び込むように声を出した。そういう意識を持っていますし、それが良い方向に出たと思います」

 3点目のミキタリアンのゴールは、自陣左サイドから、ゴール前の右サイドのスペースへ長いボールを繰り出してアシスト。

「オバとミッキー(ミキタリアン)が空いていたので、うまくボールを出せたと思います」

 キレのある動きとともに多彩なアイデアを見せ、81分に退く際には大きな拍手で送り出された。ここでシーズンが終わるのは、正直、もったいない気もする。だが、最終戦だからこその輝きでもあった。

「これができたというのは自分たちの力があるからだと思いますが、それを出し切るメンタルだったり自信だったり(が必要で)、そういう意味ではサポーターが試合に入りやすい雰囲気を作ってくれた。あとは失うものがなかったから気が楽ということもあって、(そういう)プレイができたんじゃないかな。メンタル的なものが占めていると思います」

 冷静に振り返る様子が印象的だった。

 一時は最下位に沈んだものの、終わってみれば7位。ヨーロッパリーグ出場権は獲得した。チームも香川も、低迷を何とか自力で立て直した価値のある一年だったとも言える。だからこそ1週間後のドイツ杯決勝は勝って終わりたい。

「今日の感覚を大事にして、しっかりと自信を得て準備をしたい。素晴らしい終わり方ができるように」

 今季、最初で最後のタイトル獲得へ向け、意気込みを隠さなかった。

了戒美子●text by Ryokai Yoshiko