斎藤工はずっと旬な男!

写真拡大

 斎藤工主演の忍者映画「虎影」の特別上映が5月23日に開催され、西村喜廣監督をはじめ、キャストの三元雅芸、屋敷紘子、仁科貴、加藤桃子が上映後のトークイベントに出席した。

 実写版「進撃の巨人」で特殊造形プロデューサーを務めるなど、国際的に注目を浴びる西村監督が以前からよく知る斎藤を主演に迎え、製作した忍者アクション。平穏な暮らしを求めて忍を抜けた虎影が、愛する家族を守るために再び戦いに身を投じるさまを描く。

 西村監督自ら司会を務めたこの日のトークイベント。オファーを出した張本人であるはずの西村監督が、キャスト陣に「なんでみんな、これに出ることになったんだっけ?」と質問。三元は思わぬ問いに戸惑いながらも、「居酒屋で言われて(笑)」とと明かす。西村監督は「その時、(三元の役は)『カリオストロの城』の五エ門のイメージだと伝えて、『見ときます』と言われたけど、すごい酔っぱらっていた」と述懐。三元は「次の日、携帯のメモに『カリオストロ』とあったけど、何のことか意味が分かんなかった」と苦笑交じりに語る。撮影も驚きの連続だったようで「ロケバスが着いたら、監督が『その位置に立って』と言って、立ったら『はい本番!』って(笑)」とリハーサルも準備もないままに撮影が行われたと明かした。

 他のキャスト陣も、加藤は「急に『おまえ、変顔できる?』と聞かれ、『はい』と答えたら『じゃあ』と決まった」と出演に至る数秒のやりとりを明かし、屋敷も「諸々の事情で」とニヤリ。仁科に関しては、俳優になる以前に父の故川谷拓三さんの付き人をしていた頃からの付き合いだという。仁科は西村作品への出演を熱望し、過去にはエキストラで参加したこともあったそうだが、西村監督は「お父さんに似ていい顔になってきたから」と嬉しそうに本作での起用の理由を明かした。

 人気絶頂の主演・斎藤に関して、西村監督は「言いたいことがある」と語り、「“いま最も旬”みたいな言い方するけど、ずっと旬な男ですよ!」と熱弁。世の中が抱く“セクシー俳優”というイメージについても「背中を見せれば抱きつかれ、壁があったら壁ドンってイメージだけど、そういうのじゃない姿を見てほしい」とこれまでにない姿が見られると強調していた。

 「虎影」は6月20日から公開。