『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第49回

5月10日に行なわれたGI、NHKマイルC(東京・芝1600m)。3歳のマイル王を決めるこの戦いを制したのは、パカパカファーム生産のクラリティスカイ(牡3歳)だった。今回は、幼い頃から同馬を見てきたスタッフの話とともに、GI制覇の"内幕"を紹介する――。

 1996年の創設以来、今年で20回の節目を迎えたNHKマイルC(5月10日/東京・芝1600m)。3戦3勝の無敗馬アルビアーノ(牝3歳)や、新潟2歳S(2014年8月31日/新潟・芝1600m)を制したミュゼスルタン(牡3歳)ら、粒ぞろいのメンバーがそろう中、パカパカファームで生産された馬も優勝候補に名を連ねていた。クラリティスカイ(牡3歳)である。

 クラリティスカイは昨年の2歳時に、新設重賞のいちょうS(2014年10月11日/東京・芝1600m)を制覇。2歳のコースレコードを塗り替える好内容で重賞ウィナーとなった。その後も、GI朝日杯フューチュリティS(2014年12月21日/阪神・芝1600m)で3着と好走するなどして、翌春のクラシック戦線の、有力馬の一頭として注目された。

 年が明けて3歳になってからも、GII弥生賞(3月8日/中山・芝2000m)こそ6着に敗れたが、続くクラシック第1弾のGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)では5着に奮闘。スタートから先手を奪う積極策で粘り込んで存在感を示した。しかしその後、クラリティスカイは距離適性を考慮。GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)ではなく、3歳マイル王を目指して、NHKマイルCに矛先を変えることとなった。

 パカパカファームの代表を務めるハリー・スウィーニィ氏をはじめ、牧場スタッフもこの陣営の判断には「賛成」だったという。その分、期待が膨らんだ牧場内では、レースが近づくにつれて独特の緊張感が漂い始めていた。パカパカファームのオフィスマネージャー・山田恵美さんが、その様子を教えてくれた。

「社長(スウィーニィ氏)はもちろん、スタッフみんなも『NHKマイルCはきっと勝てる』と信じていました。だからこそ、レースの数日前から、あえてクラリティスカイについて話すのを避けていましたね。口に出してしまうとダメな気がして、なるべく"普段どおり"を心掛けていたんです。ディープブリランテでダービー(2012年)を勝ったときも、直前はそんな雰囲気でした」

 そうした牧場スタッフの思いが通じたか、クラリティスカイはレース本番で素晴らしい走りを披露した。

 好スタートを切ったあと、道中では行きたがるシーンを見せながらも、何とか我慢。好位の5番手をキープして、そのまま直線を迎えた。そこから、鞍上・横山典弘騎手のムチが飛ぶと、それに応えるようにクラリティスカイは力強く加速。残り200mからは無敗馬アルビアーノとの壮絶な叩き合いを繰り広げ、ゴール前できっちり交わして先頭でフィニッシュしたのだ。

 パカパカファームにとっては、ピンクカメオ(2007年NHKマイルC優勝)、ディープブリランテ(2012年日本ダービー優勝)に続く、3頭目のGI馬誕生となった。

 この日、スウィーニィ氏は東京競馬場に出向き、歓喜の瞬間に立ち会った。彼も「普段どおり」を心掛けていただけに、帰りの飛行機はいつものように夕方発の便を予約。レース後、すぐに北海道へ帰る予定にしていたという。が、さすがにGI勝利の興奮は早々に冷めるものではない。関係者の祝福攻めにあって、飛行機の予約を変更。結局、その日の最終便で北海道に帰った。

 そして翌日も、スウィーニィ氏の興奮は続いていた。山田さん曰く、「満面の笑みで、スタッフひとりひとりと朝からハグしていました。私は断ったのですが、それでもハグされました(笑)」とのこと。顔の広いスウィーニィ氏は、牧場周辺の人たちからも、次々に「おめでとう」と声をかけられたという。それは、まさに"至福のひととき"だっただろう。

 クラリティスカイは、スウィーニィ氏にとって「生まれたときから期待していた一頭」だった。その証拠に、当歳時(0歳)には国内最大級の競走馬のセリ市、セレクトセールに上場していた。ただ、そこでは取引成立に至らず、その後、セレクトセールで同馬をチェックしていた杉山忠国オーナーが購入した。同オーナーに、初のGIタイトルをもたらしたことで、スウィーニィ氏の喜びは一層大きかったようだ。

 クラリティスカイの幼少期を見ていた山田さんは、同馬について、印象に残っている姿があるという。

「小さい頃、クラリティスカイはいつも牧場の中を駆け回っていました。放牧地の坂を上るときはもちろん、下るときもかなりのスピードで走っていたんですね。普通はバランスを崩しやすいので、下り坂で走るのは簡単ではないのですが、クラリティスカイは平気でした。それだけ体がしっかりしていて、バランスもとれていたんだと思います」

 ちょうどその頃、クラリティスカイと同じ放牧地で一緒に走り回っていたのが、地方競馬の園田競馬で活躍する同い年のインディウム(牡3歳)だった。山田さんによれば、「インディウムがいつも先頭を走り、その馬群の後ろにクラリティスカイがついていた」という。

 インディウムは、園田競馬でデビューから破竹の7連勝。どれも圧勝で、一気に地方のスターホースとなった。しかし、5月6日に行なわれたGII兵庫チャンピオンシップ(園田・ダート1870m)では、JRAの強豪を相手に初の敗戦(5着)を喫してしまった。

 クラリティスカイは、かつて一緒に走り回った"幼馴染"のリベンジとばかりに、JRAのGIを制したのだ。

 クラリティスカイの母タイキクラリティは今春、父オルフェーヴルの牝馬を出産。兄と同じく、7月に行なわれるセレクトセールに上場する。そして、この仔馬の出来に手応えをつかんだスウィーニィ氏は、今春もタイキクラリティにオルフェーヴルを種付けした。その仔たちのデビューも、今から楽しみでならない。

 2012年の日本ダービーを制したあとも、活躍馬を輩出し続けるパカパカファーム。新たな牧場の"代表産駒"とともに、まだまだ成長は止まらない。
(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara