注目のイケメン坂口健太郎が『海街diary』で年下彼氏役を爽やかに好演!/[c]2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

写真拡大

鎌倉で暮らす3姉妹と異母妹の四女の交流を描いた『海街diary』(6月13日公開)。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという美人4姉妹に注目が集まっているが、本作に“塩顔イケメン”として人気急上昇中の若手俳優が出演していることをご存じだろうか?

【写真を見る】長澤まさみの恋人役を演じた坂口健太郎の魅力とは?/[c]2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

彼の名は坂口健太郎。183cmの長身と爽やかなルックスで、「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍している。“パーフェクトイケメン”と称されている坂口は、昨年、同誌専属モデルとしては約20年ぶりとなる単独表紙を飾り、大きな話題となった。

最近ではモデル業だけでなく、役者としても活躍の場を広げている。昨年公開の『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』(14)で俳優デビューを飾り、今年は『娚(おとこ)の一生』(14)、『予告犯』(6月6日公開)、『海街diary』、『at Home』(8月公開)、『ヒロイン失格』(9月19日公開)など出演作がめじろ押しだ。

そんな坂口が『海街diary』で演じたのは、長澤まさみ扮する次女・佳乃の年下の恋人・藤井朋章役。どこか物憂げで、影のある人物だが、自由奔放な佳乃が惚れ込んでしまう独特のオーラを放っている。

本作で披露した自然体の演技は、飾らない雰囲気を持つ坂口にとって、まさにピッタリの役柄。さらなるブレイクが期待されている彼が、これからどんな役者に成長していくのか、注目してほしい。【トライワークス】