皆さん「塩レモン」はご存知ですか? すでに作っている! という人もいれば、何それ? と思う方もいらっしゃるはず。塩レモンはその名の通り、レモンを塩漬けした状態のこと。実はこの塩レモン、私たちが想像するよりもはるかに美容効果をもたらしてくれるというのです。そこで今回は、夏前に知っておきたい! 塩レモンで得られる2つに美容効果についてご紹介します。

塩レモンがもたらす2つの効果

美容・美肌効果

塩レモンを食べることによってビタミンCが摂取できるため、メラニン色素の生成を抑えられます。つまり、シミ・シワのない美肌になれるということ! ニキビ炎症を鎮める働きもあるため、ツルツルお肌を目指す人にもオススメの食べ方なのです。レモンの皮には、アレルギー物質の一つといわれているヒスタミンを抑える効果もあるとか。

ダイエット効果

塩レモンに含まれているビタミンCの働きによって、血流がよくなり、脂肪も燃焼しやすくなります。ダイエットにチャレンジしたい人にとって塩レモンは欠かせない食材といえるでしょう。塩レモンを食べていると、塩味を強く感じる場合もあるので、食事の塩分量を減らすこともできます。その結果として、むくみ解消に繋がるケースもあるそう。

簡単!塩レモンの作り方

必要なもの

レモン3個
粗塩50〜60g
保存容器

作り方

まずは、レモンを切っていきます。レモンをよく洗い、水気を切ったら、ヘタを切ります。皮ごと半分に輪切りにして、もう半分は乱切りにしておきましょう。保存容器に塩、レモンの順番で入れて、手で上から押します。レモンの果汁と塩が混ざるようにしましょう。冷蔵庫で1週間漬ければ完成。賞味期限は3ヶ月を目安に塩レモン活用術

1.オリジナルドリンク

塩レモンにミネラルウォーターを注げばオリジナルドリンクの完成。塩レモンのつけ汁にハチミツを入れてお湯を注げば、のどに優しいレモンウォーターも作れちゃうんですよ。

2.サラダにも!

塩レモンの皮とオリーブオイルを合わせて特製ドレッシングを作り、生野菜の上からかければ、ほのかな酸味のするフレッシュサラダの完成。朝から食べれば、元気モリモリになるかも!?

レモンを塩につけるだけで、料理のレパートリーも広がり、美肌も手に入れられるなんて夢みたいですよね。わざわざ何か買い足さなくても、レモンと塩と容器があれば、いつでも簡単に作れちゃいます。ちょっとしたスキマ時間をつくって、試してみてくださいね!


writer:山口 恵理香