公開スカートめくりをされた遠藤新菜

写真拡大

 1980年代に「月刊少年ジャンプ」で連載されたみやすのんき氏の伝説的セクシー漫画を映画化した「やるっきゃ騎士(ナイト)」が5月23日、池袋シネマ・ロサ、シネ・リーブル梅田、109シネマズ名古屋で公開初日を迎え、主演の中村倫也、「non-no」モデルの遠藤新菜、柾木玲弥、柳英里紗、平林克理監督が、池袋シネマ・ロサで行われた舞台挨拶に登壇した。

 映画は、「女尊男卑」を掲げる聖愛学園に転入した主人公・誠豪介(中村)が、Hな行動や妄想、男女交際はもちろん、いかなる状況でも勃起を禁じられた男子生徒を救うべく立ち上がり、学園を支配する自治クラブ会長の美崎静香(遠藤)と決闘するセクシーコメディ。「部活のようにスカートをまくられた」(柳)というように、撮影中、女優陣は恥じらいをなくしてスカートをまくられまくったという。

 この日は、初日の大サービスとして中村と柾木が遠藤のスカートを豪快にまくり上げるという演出が行われた。恥じらう遠藤をしり目に、中村は「こっちですか?」と報道陣に角度の確認まで行い、役柄同様“スカートめくりのプロ”としてキャスト陣をリードしていた。

 遠藤は、「自分が体験することのない状況なので、新鮮でした」と本来の自らと役柄のギャップを楽しんだ様子で語ったが、「私でいいのかなと思った。体型も質素ですし(笑)、セクシーとは程遠いと思っていたので」と本音を吐露。中村から「疾走感のある体型だよね?」とツッコミを入れられると、顔を真っ赤にしてピュアな魅力を振りまいていた。

 最後に中村は、「この映画は、現代の草食系男子ですとか少子化に警鐘を鳴らす、レンタルビデオ店では社会派コーナーに並ぶような作品です。ぜひ粛々とした気持ちで見て頂きたいと思います」と挨拶し、会場の爆笑を誘っていた。