「人生スイッチ」ポスター画像 (C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo

写真拡大

 アルゼンチンで「アナと雪の女王」の2倍以上の興行収入を記録し、同国史上最大のヒット作となったペドロ・アルモドバル製作のコメディ「Relatos Salvajes(原題)/Wild Tales(英題)」が、邦題「人生スイッチ」として7月25日に公開される。

 第67回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品された本作は、人生で決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、不運の連鎖に巻き込まれる6人の男女の姿を描いたブラックコメディ。ダミアン・ジフロン監督がメガホンをとり、出演は「瞳の奥の秘密」リカルド・ダリンら。

 6つのエピソードからなる事件が絡み合い、先読みを許さない展開と予想を超えたラストで話題をさらい、アルゼンチンアカデミー賞では10冠を獲得。第87回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。

 「人生スイッチ」は7月25日、ヒューマントラスト有楽町、シネマライズほか全国で順次公開。