恐怖体験を告白するも「誰も信じてくれない!」

写真拡大

史上初となるお化け屋敷体感型ムービー『お化け屋敷列伝/戦慄迷宮MAX』の初日舞台挨拶が5月23日にシネマサンシャイン池袋で開催され、伊藤麻希(LinQ)、福山果奈(LinQ)、KIKKUN-MK-II、若林雄介監督が登壇した。

【写真を見る】LinQの伊藤麻希、セーラー服姿で登場!「箱の中身当て」ゲームにトライ

本作は、実在のお化け屋敷を、参加者の自撮り映像や固定カメラなど計10台以上のカメラと、映画館ならではのサラウンドシステムで追体験する体感型ムービーの第1弾。大人気のお化け屋敷、富士急ハイランド・戦慄迷宮での撮影を敢行した。

人気ゲーム実況者のKIKKUN-MK-IIは、「初の映画出演。そういった緊張や楽しみも見えると思う」とコメント。数々のゲーム実況にチャレンジしているKIKKUN-MK-IIだが、「(本作を)難易度で例えるなら、MAXです!」と太鼓判を押していた。

伊藤は「追い込まれると素が出る。私は人に当たるタイプだった」とお化け屋敷体験で新たな発見も。福山は「映画の中ですごい顔をしている」と笑顔を見せ、「お化け屋敷が初めてで、生まれてきて15年の中で一番怖い思いをしました」と告白。

若林監督が「福山さん、すっごいブスです」と言うほどの、恐怖の表情を見せているそう。一方のKIKKUN-MK-IIは、「ほぼ真顔です」とのこと。「真剣にやっているのに、みんな予告を見て、僕の真顔で笑っている。そこ笑うところかな!」と話し、会場の笑いを誘っていた。

また、KIKKUN-MK-IIは「昨日の放送のとき、階段の上の方を幽霊っぽいものが歩いているのを見た。足の膝下だけがすっと動いていた。誰も信用してくれなくて、僕しか見ていない。ちょっと得した気分」と5月22日に行われたニコニコ生放送の中継の際に、幽霊を見たと激白。すると伊藤も「撮影中に幽霊を見た」とコメント。「髪の長い女の人を見た。誰も信じてくれない!」とこぼしていた。

その後は、恐怖を再び味わうべく、「箱の中身当て」ゲームにトライ。箱の中の「動くぬいぐるみ」を触った伊藤は、答えが明かされると「こんなことにビビっていたとは悔しい!」。「うどん」を触ったKIKKUN-MK-IIは「指が濡れている!」と指の匂いをかいで、会場も大爆笑。「恐怖MAXです」と語るなど、彼らの恐怖の表情に大盛り上がりの舞台挨拶となった。【取材・文/成田おり枝】