3歳牝馬の「女王」を決める、牝馬クラシック第2弾のオークス(東京・芝2400m)が5月24日に開催される。第1弾の桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)では、5番人気のレッツゴードンキ(牝3歳)がまんまと逃げ切り勝ちを収めたが、今度は距離が800mも延びて、さらに最後の直線が長い東京コースが舞台となる。ほとんどの馬にとって"未知の世界"となり、レースの流れ、展開など、まったく想像できない。しかも、勝ってもおかしくない有力馬が五指に余るほどいる。正直、素人が予想するには非常に難解なレースだ。とすれば、今やスポルティーバの恒例となった「オンナの戦いは女に聞け!」の格言に従うべきだろう。今回も、芸能界を代表する"競馬通"の美人予想家たちが、この日のためにとっておきの"情報"を温めておいてくれた。彼女たちの渾身の予想と秘蔵の"穴馬"を一挙紹介しよう――。


     ☆     ☆     ☆


舞台変わっても中心視すべきは「桜花賞組」
守永真彩(女優、タレント)

◎クルミナル
○ルージュバック
▲ココロノアイ
△ディアマイダーリン
△キャットコイン
△クイーンズリング
△シングウィズジョイ
△ミッキークイーン

 今年の桜花賞はあまりにもスローペース過ぎて、参考にしづらいレースなのですが、今回のオークスで中心となるのは、例年どおりその「桜花賞組」だと思います。

 私の本命は、クルミナル(牝3歳)です。前々走、1番人気に推されたチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)では11着でしたが、道悪の影響があったので度外視していいと思います。実際に肝心の桜花賞では、勝ち馬レッツゴードンキ(牝3歳)との着差(4馬身)はあったものの、後方からいい脚で上がってきて2着と好走しました。

 もともとは新馬戦を勝ったあと、2戦目のオープン特別、エルフィンS(2月7日/京都・芝1600m)も完勝した素質馬。切れる脚を持っているので、直線の長い東京コースでは楽しみな存在です。ただし、クルミナルは今回、初の長距離輸送となります。輸送減りしてないか、当日の馬体重は要チェックですね。

 対抗はルージュバック(牝3歳)。桜花賞では断然の1番人気ながら、力を発揮できずに9着と敗れてしまいましたが、新馬戦から3連勝を飾って、2戦目の百日草特別(2014年11月9日/東京・芝2000m)では牡馬を相手にレコード勝ちしたほどの馬です。

 以前、鞍上の戸崎圭太騎手にお話をうかがったんですが、この馬はチーターのような走りをするんですって。今回は、レコードを出した東京コースが舞台ですし、距離が長くなるのも大歓迎。ここはもう一度、ルージュバックを信じてみたいと思います。

 ▲はココロノアイ(牝3歳)。かなり早い段階からオークスを目標にして、ここまでやってきました。ならば、手綱をとる横山典弘騎手が、これまでに教え込んできたものを、ここで爆発させるんじゃないかなって思っています。期待しています。

 △ディアマイダーリン(牝3歳)も狙ってみたい一頭です。前走のフローラS(4月26日/東京・芝2000m)はシングウィズジョイ(牝3歳)に負けたとはいえ、クビ差の2着。東京コースは3戦して2勝、2着1回と抜群の適性を見せています。今回は人気がなさそうですし、馬券的な妙味があります。鞍上が全国リーディングトップ(5月22日時点)の福永祐一騎手ですから、一発が十分ありえますよ。

【推奨馬券】クルミナル、ココロノアイ、ルージュバックの3頭から、印をつけた馬へ流す馬連(18点)で!


     ☆     ☆     ☆


安定感あるレッツゴードンキの二冠達成に期待!
藤川京子(タレント)

◎レッツゴードンキ
○キャットコイン
▲ルージュバック
△ココロノアイ
△シングウィズジョイ
△ディアマイダーリン
△トーセンナチュラル

 安定感抜群のレッツゴードンキを本命にします。勝った桜花賞は展開に助けられた印象もありますが、あの先行力は魅力たっぷり。今の東京・芝コースは、そこまで外が伸びる感じでもないので、好位につけて競馬ができるのは大きな強みです。

 また、器用な馬なので、後ろからでも競馬ができるのがプラス材料。桜花賞に続いて、オークスでも周囲をあッと言わせる走りに期待しています。

 対抗は、末脚の切れるキャットコイン(牝3歳)。前走の桜花賞では7着だったものの、上がりタイムは全体で2番目に速い33秒4をマーク。東京コースは2戦2勝と適性を見せているのもいいですよね。桜花賞で大きく馬体重を減らしていたのは少し気がかりですが、今回は長い輸送もないので大丈夫だと信じています。

 ▲はルージュバック。1番人気に推された桜花賞は残念な結果に終わりましたが、見限るのはまだ早い気がします。時計勝負は望むところだし、直線の長い東京コースなら持ち味を生かせるはず。凱旋門賞(10月4日/フランス・芝2400m)への登録も済ませたことだし、どんな走りを見せてくれるのか、再度注目しています。

 穴はシングウィズジョイ。前走のフローラSは終始2番手から先行力を生かして快勝。並ばれても抜かせない勝負根性も大きな武器です。軽視したら、怖いタイプですよ。

 あと、ステイゴールド産駒のココロノアイが、距離が延びて面白そう。

【推奨馬券】レッツゴードンキを軸に、印をつけた馬へ流す3連単マルチ(90点)で!


     ☆     ☆     ☆


クルミナルの末脚が東京コースでさらに生きる!
白河優菜(グラビアアイドル)

◎クルミナル
○アンドリエッテ
▲レッツゴードンキ
△ルージュバック
△キャットコイン

 去年の春から競馬を始めた初心者ですが、がんばって予想したいと思います。

 私の本命はクルミナルです。前走の桜花賞では、最後の直線でものすごい脚で飛んできて2着。負けてなお強し!の内容でした。

 東京コースの長い直線では、クルミナルの切れる末脚がさらに生きるでしょうし、お父さんがあのディープインパクトというもの魅力。スタートがあまり得意じゃないので、そこがクリアできれば、かなり面白いんじゃないかな、と思います。

 対抗はアンドリエッテ(牝3歳)。桜花賞では、4コーナーで絶望的な位置から、メンバー最速の上がり(33秒2)を見せて6着と奮闘しました。前々走のチューリップ賞では2着と、桜花賞馬のレッツゴードンキ(3着)にも先着していますし、潜在能力はかなり高いと見ています。

 この馬も、お父さんはディープインパクト。カミソリのように切れる末脚で、最後の直線を駆け抜ける姿が目に浮かぶようです。

 そして、レッツゴードンキが▲。桜花賞1着、阪神ジュベナイルフィリーズ(2014年12月14日/阪神・芝1600m)2着と、大舞台で力を発揮するタイプで、大崩れしないのも強み。オークスでも3着は外さない気がします。

 ただ、おそらく人気になるので、配当的な妙味が薄く、マークが厳しくなる今回は、楽には逃げられないと思うので、少し印を下げました。

 4番手がルージュバック。前々走のきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)は京都競馬場で観戦していたんですが、牡馬を相手に完勝。同じ女として、とても勇気づけられました(笑)。気持ち的には一番応援している馬です。

 あと、キャットコインも狙います。3連勝で臨んだ桜花賞は7着に敗れてしまいましたが、血統や脚質的には距離が延びたほうがいいはず。桜花賞での屈辱をオークスで晴らしてほしいですね。

【推奨馬券】クルミナルから印をつけた馬へ流す馬連4点で勝負!

浜野きよぞう●構成 text by Hamano Kiyozo