『ウォーキング・デッド』シーズン5

写真拡大

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督のもと、次々とヒットを飛ばしてきた『トランスフォーマー』シリーズ。その、今後作られるシリーズ映画や、スピンオフ映画の脚本家として、『ウォーキング・デッド』の原作者ロバート・カークマンなどが起用されたことを、Deadline.comが報じた。

【関連記事】スピルバーグ製作総指揮で贈る超大作ドラマ、SFミステリー巨編『エクスタント』の魅力に迫る!!! 第2回「スピルバーグが率いる制作クリエイティヴ・チームの凄み」

『トランスフォーマー』を配給するパラマウント・ピクチャーズは現在、シリーズ化の準備が進む『アバター』(20世紀FOX)や『スター・ウォーズ』(ディズニー)などの例にならい、複数作品の構想を練ってもらうべく、有名脚本家を多数起用しているところ。

その陣頭指揮をとる人物として、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞脚色賞を受賞し、『FRINGE/フリンジ』に参加したことでも知られるアキヴァ・ゴールズマンに、白羽の矢が立ったことが先々月に報じられた。

そして今回明らかになった脚本家は、カークマンのほかに、『アイアンマン』に参加したアート・マーカムとマット・ハロウェイ、『パシフィック・リム』続編にも取り組んでいるザック・ペン、『アメイジング・スパイダーマン2』『LOST』を手がけたジェフ・ピンクナーと、そうそうたる名前が挙がっている。今後もさらに新たな名前が浮上する見込みだ。

映画だけでなく人気ドラマの才能も取り込むことで、『トランスフォーマー』シリーズはどう発展していくのか、注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ウォーキング・デッド』スピンオフ・シリーズのタイトルがついに正式決定!スピルバーグ製作総指揮で贈る超大作ドラマ、SFミステリー巨編『エクスタント』の魅力に迫る!!! 第2回「スピルバーグが率いる制作クリエイティヴ・チームの凄み」『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス、「ゲイの設定だとしてもきっちり演じきる」とコメント