高所恐怖症の方は要注意!

写真拡大

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのロバート・ゼメキス監督がメガホンを取り、『インセプション』で注目を浴びた俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演を務める映画『ザ・ウォーク』が2016年1月23日より日本公開されることが決定。それに伴い、思わずハッとさせられる迫力の予告編が公開された。

 本作は、1974年のニューヨークを舞台に、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターのツインタワーの間を命綱なしの綱渡りに挑んだ男、フィリップ・プティの姿を描く。

 公開された予告編では、ワールド・トレード・センターの屋上に現れた男フィリップ(ジョセフ)が、ニューヨークの街並みを一望しながら、ビルから飛び出す鉄骨の上をゆっくり進んでいく様子が映し出される。先端にたどり着いた男が呼吸を整え、足元に目を落とす場面は、映像だとわかっていてもハラハラしてしまう迫力満点の出来。最後に、フィリップが片足をあげてポーズを決めるシーンも必見だ。

 ゼメキス監督は、「前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ」と本作について語るも、「高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」とぶっちゃけている。(編集部・石神恵美子)

映画『ザ・ウォーク』は2016年1月23日より全国公開