『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

写真拡大

全世界累計興行収入が14億ドル(約1680億円)を超える、空前の大ヒットとなった映画『ターミネーター』シリーズ。SFアクション映画の金字塔とも言える本シリーズの最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が、7月11日(土)に全国公開されることとなり、それに伴い日本版ポスターと最新予告編が解禁された。

【関連記事】解禁された予告編はこちら!

人類の未来ために、サイバーダイン社が開発した人口知能システム"ジェニシス"。しかし、スカイネットから進化を遂げた新たな人口知能ジェニシスは、自我に目覚め反乱を開始し、人類滅亡となる「審判の日」は目前に迫っていた...。人類の未来を取り戻すには、過去に戻って戦うしかない。運命の鍵を握るのはサラ・コナー(エミリア・クラーク)とT-800型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)。しかし、二人の前に人間でも機械でもない、史上最強の新型ターミネーターが立ちはだかる! 果たして未来を手にするのは、人類か、奴らターミネーターなのか!?

解禁されたビジュアルに描かれているのは、ストーリーの重要な鍵を握る4人のキャラクターたち。人類最後の希望サラ・コナーは、"絶対に人類を守る"ことをプログラミングされた「T-800型ターミネーター」に守られながら育ち、恐れを知らない女性戦士へと変貌を遂げていた。そして、未来の鍵を握るカイル・リース(ジェイ・コートニー)は、サラの命を救うため未来から送り込まれてきた戦士。しかし、抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーから聞かされてきたストーリーとは全く異なる過去が、彼を待ち受けていた。さらに、サラたちの強敵となる「T-3000型ターミネーター」は、人間でもなく機械でもない史上最強の新型ターミネーター。ナノ粒子でできたボディと計り知れない戦闘能力で、人類に襲いかかるT-3000の目的と正体は一体何なのか!? 時空を超えて繰り広げられる人類存亡を掛けた新たなドラマが、いよいよ幕を開ける!

全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、7月11日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・シュワルツネッガー12年ぶりにカムバック!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』2015年夏公開決定!『ターミネーター5』サラ・コナー役の候補に可憐なアノ女優が?5月25日は「ターミネーターの日」に正式認定! シリーズ第1作目の日本公開から30周年を記念