足がガクガクしそうな驚愕の高さ!『ザ・ウォーク』の公開日が16年1月23日(土)に決定

写真拡大

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演するロバート・ゼメキス監督の最新作『ザ・ウォーク』の日本公開日が、16年1月23日(土)に決定。思わず冷や汗をかいてしまいそうな衝撃的な予告映像も、同時に解禁された。

予告編で登場するのは、高さ411m、地上110階の高層ビルと1人の男。男は屋上で、ビルから飛び出している鉄骨に乗り、ゆっくりと先端の方へ。命綱はなく、いつ落下してもおかしくない状況で、男が強風にあおられながらも片足立ちをする(!)というスリルに満ちた様子が映し出される。

この高層ビルは、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールド・トレード・センター。『ザ・ウォーク』は、1974年にそのツインタワーをワイヤーロープ一本でつなぎ、渡りきった伝説の男フィリップ・プティの実話を映画化した生と死のドラマだ。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ 一期一会』(94)などで知られるアカデミー賞監督のゼメキスは、この壮絶な状況を「前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる、外界から遮断された孤独。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」とコメント。まさにゼメキスの“最高峰”を予感させる大迫力の映像に、胸が高まらずにはいられない。

まずは予告編を見て、フィリップ・プティ本人しか経験したことのない空中闊歩の恐怖を体感してみては?【Movie Walker】