高所恐怖症の方は鑑賞にご注意を

写真拡大

 ジョセフ・ゴードン=レビットがロバート・ゼメキス監督とタッグを組んだ映画「ザ・ウォーク」が、2016年1月23日に公開されることが決定し、あわせて日本語字幕版予告が初披露された。地上110階、高さ411メートルの超高層ビルの屋上で繰り広げられる、恐怖のひと幕をとらえている。

 1974年、当時世界一の高さを誇った米ニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを1本のロープで結び、命綱なしの空中散歩に挑んだフィリップ・プティの実話を3Dで映画化。「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなどで知られ、常に最新VFXにこだわりぬいてきたゼメキス監督がメガホンをとり、ゴードン=レビットがプティを演じる。

 予告では、屋上からニューヨークの街並みを見下ろすプティが、縁から突き出した鉄骨に踏み出し、片足立ちでポーズをとる姿をとらえている。映像から「踏み外せば確実に転落死」という緊迫感が肌に伝わり、胃が浮き上がるような感覚を与える仕上がりとなっている。

 「ザ・ウォーク」は、16年1月23日に全国で公開。IMAX3Dでの上映も決定している。