T・R・ナイト

写真拡大

ベストセラー作家スティーヴン・キング原作の小説『11/22/63』のドラマシリーズ化が進んでいる。このドラマに『グレイズ・アナトミー』のT・R・ナイトが出演することが決まった。

【関連記事】スティーヴン・キング作品はなぜヒットする? 最新の話題作『アンダー・ザ・ドーム』で共通項を検証

『11/22/63』は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督J・J・エイブラムスがプロデュースを担当する。ジェームズ・フランコが演じる高校教師ジェイクが過去にタイムスリップし、1963年11月23日に起きたJ・F・ケネディ大統領の暗殺を阻止しようとする物語だ。

米TV Lineによると、ナイトが演じるのはテキサス州のセールスマン、クレイトン。彼の妻サディがジェイクに恋に落ちるという。『マップ・トゥ・ザ・スターズ』のサラ・ガトンがサディを演じる。他の共演者は『8月の家族たち』のクリス・クーパー、『24 TWENTY FOUR』のチェリー・ジョーンズ。

ナイトは『グレイズ・アナトミー』以外では『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』『グッド・ワイフ』などのドラマにゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・人気爆発の『The 100/ハンドレッド』で輝きを放つ! 次世代のイケメン俳優&美人女優たちJ・J・エイブラムスが視覚効果VESアワードを受賞!スティーヴン・キングの小説「彼らが残したもの」がTVシリーズ化