「岸辺の旅」でカンヌ映画祭に参加した
(左から)黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信 (c)Kazuko Wakayama

写真拡大

 フランスで開催中の第68回カンヌ映画祭で、ある視点部門に出品されている黒沢清監督作「岸辺の旅」が5月17日(現地時間)に公式上映され、夫婦役で主演を務めた深津絵里と浅野忠信、黒沢監督がレッドカーペットと舞台挨拶に登壇した。

 「岸辺の旅」は湯本香樹実氏の小説が原作で、深津と浅野が初の夫婦役を演じたラブストーリー。3年前に夫が失踪してしまった妻・瑞希(深津)の前に、ある日突然、夫の優介(浅野)現れ、自身が死んだことを告げる。死んだはずの優介に誘われ、優介がお世話になった人たちに会いに行く旅に同行した瑞希は、さまざまな人との出会いを通じて、それまで知らなかった夫の姿や深い愛情を知る。

 初のカンヌ入りとなった深津は、背中の大きく開いたシックな黒のドレスでレッドカーペットを歩いた。「これから世界中の方に映画をご覧いただくことにドキドキしていました」という深津だが、上映後はスタンディングオベーションが5分間にわたって鳴り響き、会場外でも3人を送り出す拍手が5分以上も続いた。その様子に深津は「撮影中も夢の中のようでしたが、まさに今日も夢の続きにいるかのような気持ちになりました。作品に描かれている愛が、じわじわとしみこんでいるような、温かい拍手でした」と感無量だ。

 浅野も「多くの方々に温かく迎えていただき、映画で描かれたひとつのすばらしい愛のかたちが伝わったかと思いました」と手ごたえを感じた様子で、2008年・第61回カンヌ映画祭の同部門で「トウキョウソナタ」が審査員賞を受賞している黒沢監督は、「あたたかい拍手で、本当に感激しました。深津さん、浅野さんが出演して下さることが決まってから、この映画は大丈夫だと思っていましたが、こうして一緒にカンヌに来られて嬉しいです」と話した。

 「岸辺の旅」は10月1日からテアトル新宿ほかにて公開される。