ミッキーマウスと共演し笑顔の志田未来 (C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

写真拡大

 ウォルト・ディズニーの最新作「トゥモローランド」日本語吹き替え版で17歳の少女ケイシーの声を担当した志田未来が5月16日、東京ディズニーランドで開催されたスペシャルイベントに特別出演した。会場となったのがディズニーランド内にある“トゥモローランド”だったこともあり、志田は熱のこもった口調で映画をPRした。

 ディズニーのキャラクターの中で最も好きだというミッキーマウスに手を引かれて登場した志田は、「ディズニーランドが大好きで、今日はミッキーとも共演できて感激です!」とニッコリ。「先日、映画のワールドプレミアが米カリフォルニア州のディズニーランドで実施され、参加させていただきました。続いて今日、東京ディズニーランドにも来させていただいて、本当に嬉しいです」と感激の面持ちでディズニーランドへの愛を語った。

 今作は、ウォルト・ディズニーの夢の結晶ともいえる、すべてが可能になる理想の場所“トゥモローランド”をめぐるミステリーアドベンチャー。不思議なピンバッジを託された少女ケイシー(ブリット・ロバートソン)が、かつてトゥモローランドを訪ねたことがあるという男フランク(ジョージ・クルーニー)とともに、「すべてが可能になる理想の場所」の謎を解こうとする姿を描く。

 志田は「『トゥモローランド』は、ウォルト・ディズニーさんが夢見た未来が詰まっている映画です。明るい未来を諦めないこと、諦めずに行動することなど、色々とすてきなメッセージが込められています」と熱烈アピール。さらに、「東京ディズニーランドが大好きな皆さんならきっとさらに楽しめる仕掛けがたくさんありますので、ぜひ劇場でご覧ください」と、満面の笑顔で映画をアピールした。

 「トゥモローランド」は、6月6日から全国で公開。