2015年クラシック候補たち
■第13回:サトノラーゼン

 競馬界最高峰の舞台となる、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)。同レースへの出走権争いが5月9日、最終局面を迎えた。関西ではGII京都新聞杯(京都・芝2200m)が行なわれ、2番人気のサトノラーゼン(牡3歳/父ディープインパクト)が快勝。この勝利で賞金を加算した同馬は、見事ダービーの出走権を獲得した。

 前走のはなみずき賞(4月18日/阪神・芝2000m)では、好位から抜け出して楽々と勝利を飾ったサトノラーゼン。京都新聞杯でも、スタートからインの5番手を追走し、直線を迎えて外に持ち出すと、一気に先頭をとらえた。抜け出してからも脚色は衰えることなく、ライバルたちの追撃を完封。粒ぞろいの面々を振り切ったレースぶりからは、センスの高さが感じられ、堂々とダービーへの"東上"を決めたのである。

 とはいえ、サトノラーゼンが軌道に乗るまでには、かなりの時間がかかった。昨年の7月にデビューしながら、初勝利を決めたのは、年が明けて5戦目の3歳未勝利(1月5日/京都・芝2000m)だった。その後も、はなみずき賞で500万下のクラスを脱するまでに3戦を要した。

 サトノラーゼンは、出走したすべてのレースにおいて、3着以内を確保してきた。ゆえに、決して能力が低いわけではないのだが、何かが足りなかった。それが、ここに来て2連勝。堅実さが売りだった同馬は、大きな変わり身を見せた。かつてのもどかしい姿は、完全に消え去ったと言える。

 同馬を管理するのは、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の池江泰寿厩舎。日本ダービーの"常連"と言える名門厩舎は、サトノラーゼンの"変身"について、「これまで戦ってきたレースの賜物」と考えているようだ。関西競馬専門誌のトラックマンが語る。

「2連勝までは惜敗の連続でしたが、そこで戦ってきた相手はいずれも強敵。ダービーに駒を進めてくる馬もいます。そのようなことから、池江調教師は、『強い相手と戦う中で、サトノラーゼンも力をつけてきた。それがここに来ての連勝につながっている』と見ていますね。もともとレースセンスは高く、『最初はセンスだけで走っていた』とのこと。そこに体力面の強化が加わって、ひと皮むけたようです」

 サトノラーゼンが激闘を繰り広げてきた相手を振り返ってみると、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)で3着と好走したキタサンブラック(牡3歳)や、オープンのすみれS(3月1日/阪神・芝2200m)を逃げ切ったスピリッツミノル(牡3歳)、さらにはダービートライアルのGII青葉賞(5月2日/東京・芝2400m)を制したレーヴミストラル(牡3歳)らの名前がある。そんな骨のある馬たちと戦い続けてきたことで、この馬自身も成長していったのだろう。

 もちろん、本番のダービーでは、より強力な難敵が待ち受ける。しかし陣営は、「十分にチャンスはある」と見ているようだ。先述のトラックマンが続ける。

「陣営は、『とにかくサトノラーゼンは、レースセンスがいい。舞台となる東京競馬場も、2400mという距離も、すでに経験済み。不安はない』とのこと。クセもなく、乗りやすいようで、先行してインコースをうまく立ち回れば、『上位進出も望める』と踏んでいるみたいです。また、『道悪は苦手なので、パンパンの良馬場になってほしい』と言っている様子からも、本気で上位を狙っているように見えましたね」

 3年前、2012年の日本ダービーでも、池江厩舎の管理馬トーセンホマレボシが人気薄で3着に好走した。同馬も先行策を武器に、500万下、京都新聞杯と連勝して本番に挑んだ。今年、サトノラーゼンがその再現を果たしてもおかしくない。強敵と戦う中で培った力を、晴れの舞台で爆発させることができるのか、必見だ。

河合力●文 text by Kawai Chikara