『猿の惑星:新世紀(ライジング)』より
 - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 リブート版『猿の惑星』シリーズの最新作のタイトルが『ウォー・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス(原題) / War of the Planet of the Apes』に決まったと、Colliderが報じた。

 20世紀フォックス製作の本作は、2011年の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、2014年の『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に続く、リブート版シリーズ第3弾。衝突を回避し、別々のテリトリーで暮らそうと努めてきた人類と高度な知能を持つ猿たちが、いよいよ真っ向から対決する全面戦争が描かれるとのことだ。しかし、それ以上の内容の詳細は、まだ明らかになっていない。

 監督は、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のマット・リーヴスが続投。

 『ウォー・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス(原題)』は、2017年7月14日に全米公開予定。(鯨岡孝子)