スペシャルサポーターに就任した木村佳乃

写真拡大

 女優の木村佳乃が、人気クレイアニメの劇場版「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」のスペシャルサポーターに就任した。木村はテレビCMでナレーションを担当することも決定しており、洋画でのCMナレーションは初挑戦となる。

 ショーンと同じイギリス出身の木村は、幼いころから英アードマン・アニメーションズの作品に親しんできたという。「ウォレスとグルミット、危機一髪!」でショーンが初登場した1995年にデビュー、ともに今年20周年を迎え、家族で「ひつじのショーン」シリーズのファンであることから、サポーターに決定した。

 木村は、劇場公開に先駆け本作を鑑賞し「観終わった時、心がとっても温かくなりましたし、ショーンをギューッと抱きしめたくもなりました!」。そして「ひつじのショーンが元々好きなファンの方たちはもちろん、“ひつじのショーン”未体験の人たちにも是非ご覧頂きたい。普段あまり気が付かないけれど、いつも一緒にいてくれる人たちが何よりも大切なんだと、大事なことに改めて気づかされる作品。小さい子供たちから大人まで、すべての人に観てほしい! ひつじ年の今年、全力で大好きな“ショーン”を応援します!」と意気込んでいる。

 「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」は、7月4日から全国で公開。