ショーツが丸見えになってしまったソフィー・マルソー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

現在開催されている第68回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、フランス人女優ソフィー・マルソー(48)のスカートがサイドにめくれ上がるハプニングがあった。

【写真を見る】ソフィーは風でめくれ上がるドレスで登場/写真:SPLASH/アフロ

「同映画祭の審査員を務めているソフィーは、ノーブラで白いドレスにチョーカー姿で現れた。同伴者と腕を組んで階段を上がる際に、風でスカートがめくれ上がってしまい、ベージュのショーツが丸見えになってしまったが、その後は何食わぬ顔で、大胆に太ももを露出させながらレッドカーペットを歩いた」そうだ。

ソフィーが右手でスカートを抑える写真などがミラー紙などに掲載されている。元ボンドガールのソフィーは、2005年に同映画祭でレッドカーペットを歩いた際にも、ドレスの肩の部分がはだけてしまい、ノーブラだったため左乳房が露わになるハプニングがあった。

すぐに気が付いて胸を隠したが、その瞬間をバッチリ撮影されてしまったことに比べれば、ショーツが見えることくらいは何でもないことなのかもしれない。【NY在住/JUNKO】