「フェデリコという不思議な存在」の一場面

写真拡大

 6月27日からヒューマントラストシネマ有楽町で開催される、イタリア映画傑作選「Viva! イタリアVOL.2」の予告編が公開された。家族、恋愛、映画への愛があふれる3作品の見どころを切り取っている。

 2013年に開催され好評を博した「Viva! イタリア」の第2弾となる今回は、フェデリコ・フェリーニと親交のあったエットレ・スコーラ監督が、巨匠の没後20年を機にフェリーニの素顔に迫ったオマージュ作「フェデリコという不思議な存在」(13)をはじめ、心に傷を負った人間が再生していく過程を穏やかに描く「ただひとりの父親」(08、ルカ・ルチーニ監督)、日本未公開作で、勘違いからベルルスコーニ首相を糾弾する映画を製作する羽目になった男を描く「夫婦の危機」(06、ナンニ・モレッティ監督)の3本を上映する。

 「Viva! イタリアVOL.2」は6月27日からヒューマントラストシネマ有楽町で開催、その後、7月から名演小劇場、8月からテアトル梅田、以後、京都みなみ会館、神戸元町映画館など全国巡回予定。