大ヒット公開中の映画『龍三と七人の子分たち』
 - (C) 2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会

写真拡大

 北野武監督の17作目の最新作『龍三と七人の子分たち』が公開から21日目で動員100万人を突破した。監督作として『座頭市』(2003年)、『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)に続く100万人の動員突破で、北野監督は「映画が大ヒットしてうれしくてうれしくて! とにかくうれしくてたまらない!」と喜びを爆発。「たくさんのお客さんに観ていただいてありがたいことです」と感謝した。

 藤竜也、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭ら平均年齢73歳の超ベテラン俳優8人をメインキャストに、引退した元ヤクザの“ジジイ”たちが詐欺で人々をだます若者たちを成敗しようと世直しに立ち上がるさまを、コメディー要素たっぷりに描いた『龍三と七人の子分たち』。4月25日に全国246スクリーンで公開され、21日目となる5月15日に動員101万1,178人を記録。累計興行収入は12億3,209万4,000円に達した。

 老若男女が劇場に足を運ぶ中、先日のゴールデンウイークでは4日と5日に公開初日の動員と興収を上回った。作品の面白さがネットの口コミで広がるなど衰え知らずで、北野作品史上初めて公開初週の映画観客動員ランキング1位に輝いた『アウトレイジ ビヨンド』(最終興収14億5,000万円)を超える勢いを保っている。

 元ヤクザの組長役で主演した藤は、「100万人突破!? エーッ、ほんとうですか?」と驚き、「ジジイになってよかったです!!!」と北野監督同様、大喜び。「僕はしあわせものです。観に来てくれた皆さん、ありがとうございました。これから観に来てくれる皆さん、ありがとうございます」と感謝のメッセージを送った。(編集部・小松芙未)

映画『龍三と七人の子分たち』は全国公開中