有村架純、『ビリギャル』大ヒットに感無量!

写真拡大

有村架純主演で実話を基にしたベストセラー書籍を映画化した『映画 ビリギャル』の大ヒット舞台挨拶が5月17日にTOHOシネマズ六本木で開催され、有村をはじめ、伊藤淳史、吉田羊、土井裕泰監督が登壇。感謝の気持ちを込めて、大入袋を配りながら会場を練り歩いた。

【写真を見る】『ビリギャル』の大ヒットに弾けるような笑顔を見せた有村架純

塾講師との出会い、仲間や家族の絆を力に、ひとりの女の子が大きな目標に挑む姿を描く本作。5月1日(金)より公開され、公開16日目で観客動員数は120万人、興行収入14億円を突破する大ヒットとなっている(5月16日現在)。

有村はこの数字に、「信じられないですね。うれしいの一言です」と感無量の面持ち。主人公と同年代の若者だけでなく、シニア層や夫婦、家族連れでの来場も多いという本作だが、有村は「きっと口コミで広がっていったことだと思う」とうなずき、「この映画がみなさんのコミュニケーションツールとしても役立っているのかなと思うとうれしい」と家族をつなぐ一作となっていることに喜びを隠せなかった。

まさに「ゴールデンウィークに家族と映画館に見に行った」というのが伊藤だ。「両親や妻と見に行って。いつもそんなことはないんですが、この作品はみんなで見たいなと思って家族に声をかけた」と思いを明かしていた。

ステージには、くす玉が登場。にぎやかにくす玉を割って大ヒットをお祝いした。またその後は、登壇者陣が大入袋を配りながら劇場を闊歩。これには観客も大興奮で、頬を紅潮させながら大入袋を受け取っていた。

有村は「一人一人にお渡ししたかった」と謝りながら、「受け取ってくださった方、ありがとうございました。お礼を直接お伝えすることができてうれしい」とにっこり。「撮影をしている頃は、まさか120万人の方が見てくださるとは思っていなかった。まだまだ『ビリギャル』は走り出したばかり。いろいろな世代の方に届けばいいなという願いを込めて、私も日々、頑張りたいと思います」と気持ちを新たにしていた。【取材・文/成田おり枝】