観客動員120万人突破を喜ぶ有村架純ら

写真拡大

 女優の有村架純が主演した「映画 ビリギャル」の大ヒット御礼舞台挨拶が5月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、有村をはじめ共演の伊藤淳史、吉田羊、土井裕泰監督が出席した。同作は16日時点で観客動員120万人、興行収入14億7000万円を突破。4人は感謝を込めた大入り袋を配りながら、客席を練り歩いた。

 有村は、「皆さんと身近に触れ合うことができて、とても楽しかったです」とニッコリ。満場の観客に対し「120万人の方に見て頂いて、そんなこと撮影している時は思ってもみなくて、こうやってお礼を直接お伝えすることができてとてもうれしく思っています」と感謝し、「まだまだ『ビリギャル』は走り出したばかりで、いろんな世代の人たちに届けばいいと願いを込めて、私も頑張っていきます」と決意を新たにした。

 同作に対する周囲の反応を聞かれると、吉田は「尊敬する三谷幸喜さんから、一昨日メールが来ました」と明かす。メールの内容は「三谷さんがかかわっている映画のプロデューサーから、『ビリギャル』を見て号泣したと聞いて、僕もうれしくなっちゃった。僕はまだ見ていません、絶対見ますとおっしゃっていました。また感想を聞きたいと思います」とほほ笑んだ。

 一方の伊藤は、家族とともに同作を鑑賞したそうで、ゴールデンウィーク中の東京・TOHOシネマズ新宿の様子を振り返った。「(『ビリギャル』関係者の)グループLINEをやっていて、いま新宿だという写メを送ったら皆から批判の嵐で、怪しい不審者とか、逆に目立つだろうとか。架純ちゃんは隣の人にイエイってやってとか(笑)」と苦笑い。そんな伊藤に、吉田は「ものすごく怪しいんですよ、(顔を半分覆う)ここまでマスクして、どうみても芸能人なんです」とツッコミを入れていた。

 また、配給の東宝が独自の計算式を用い、120万人の観客が同作で流した涙の量は、456リットルと算出。これはバスタブ3杯分に相当するそうで、有村は「相当の量ですよね。人がどれだけ涙を流すんだろうと思いますが、風呂桶3杯分ですよ。すごいですよね」といい、吉田は「3回は入れるということ?」とピントがズレた発言で笑いを誘った。

 「映画 ビリギャル」は、学年ビリで偏差値30の女子高・さやかが、塾講師・坪田や家族の支援を受けながら、偏差値70の慶應大学現役合格を目指す姿を描いた。