ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 東京競馬場におけるGI5週連続開催。そのスタートを飾った先週のNHKマイルC(5月10日/芝1600m)では、天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)でゴールドシップ(牡6歳)を勝利に導いたのに続いて、またも横山典弘騎手の騎乗が冴え渡りました。3番人気クラリティスカイ(牡3歳)の能力を存分に発揮させて見事に快勝。2週連続のGI勝利を飾りました。今年で47歳となるベテランですが、その手腕の高さには恐れ入るばかりです。

 そんな横山騎手は、今週も古馬牝馬限定GIのヴィクトリアマイル(5月17日/芝1600m)で、パワースポット(牝7歳)に騎乗予定でした。しかし、同馬は賞金が足りずに除外。3週連続GI制覇の夢はレース前に絶たれてしまいましたが、横山騎手の"ここ一番"での手綱さばきは競馬界屈指。大舞台においては今、最も「結果を出せるジョッキー」と言えるのではないでしょうか。

 さて、肝心のヴィクトリアマイルですが、有力候補に挙げられていたハープスターが電撃引退して繁殖入り。昨秋のエリザベス女王杯(2014年11月16日/京都・芝2200m)を制し、今春の大阪杯(4月5日/阪神・芝2000m)で牡馬一線級を打ち破ったラキシス(牝5歳)も、次走は宝塚記念(6月28日/阪神・芝2200m)に向かうとのこと。そうなると、昨年のオークス馬ヌーヴォレコルト(牝4歳)の"一強"といった様相になりそうです。

 なにしろヌーヴォレコルトは、エリザベス女王杯2着のあと、前走の中山記念(3月1日/中山・芝1800m)では、皐月賞馬のロゴタイプ(牡5歳)やイスラボニータ(牡4歳)、そして香港のGIクイーン・エリザベスII世C(4月26日/香港・芝2000m)で2着と好走したステファノス(牡4歳)ら、強豪牡馬を一蹴したのです。

 確かに、最内の最内という経済コースを突いたことは大きかったと思いますが、見方を変えれば、その狭いところを屈強の牡馬相手に抜け出してくること自体、すごいこと。まして、雨が降って緩い馬場になっていたことを考えると、その精神的なタフさは相当なモノと言えます。牡馬相手のGIでも勝ち負けできる"器"で、牝馬限定戦のここでは負けられないでしょう。陣営も、そのつもりで仕上げてきていると思います。

 ヌーヴォレコルトの他、GI馬はショウナンパンドラ(牝4歳)、レッドリヴェール(牝4歳)、メイショウマンボ(牝5歳)、そして海外GI(オールエイジドS/オーストラリア)を制したハナズゴール(牝6歳)の4頭が出走します。ただ、それぞれ近走の成績は芳しくなく、ヌーヴォレコルトを破るほどの強調材料がありません。

 ならば、前走のマイラーズC(4月26日/京都・芝1600m)で7着に敗れたものの、驚異的な決め手を繰り出したディアデラマドレ(牝5歳)に食指が動きます。エリザベス女王杯でも、ラキシス、ヌーヴォレコルトに迫る3着と好走。牝馬限定のGIなら、十分に通用する能力を秘めています。

 だいたいエリザベス女王杯は、ディアデラマドレには「少し距離が長いかな」と思っていました。かといって、マイル戦がベストか、と言えば、それもまた「少し距離が短いかな」という印象がありましたが、マイラーズCで適性があることを証明しました。

 結果は7着でしたが、上位は皆、牡馬の一線級。道中、中団より前にいた馬ばかりでした。しかも開幕週の馬場で、まさに追い込みが効き難い状況にありました。大外から差すことなんて、至難の業と言えます。それでも、道中離れた最後方から、直線だけで7着まで押し上げた末脚には、目を見張るモノがありました。おそらく、今回の東京マイル戦を見据えて、どれだけの脚が使えるのか、測ったところもあったのでしょうね。

 何はともあれ、負けはしましたが、かなり収穫のあるレースでしたし、ヴィクトリアマイルに向けて、いい指針となりました。ステップレースにマイラーズCを選択した陣営はさすがです。本番では、ヌーヴォレコルトを脅かす存在になると思います。

 ヌーヴォレコルト、ディアデラマドレの2頭は強力ですが、もう一頭、注目している馬がいます。カフェブリリアント(牝5歳)です。同馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 前走の阪神牝馬S(4月11日/阪神・芝1400)は、オープン入り初戦で、重賞初挑戦でした。にもかかわらず、好位で折り合って、終(しま)いもしっかり伸ばして快勝しました。これまでにない大人びたレース内容には、「これは馬が変わったな。本格化したな」と驚かされました。

 それまでは、道中は折り合いに専念。後方で脚をためて、それを直線で一気に爆発させるという、極端なレースぶりでした。それが、好位で折り合えるようになったのですから、おそらく気性面の成長も著しいのでしょう。鞍上の福永祐一騎手も、同馬のことについてはすべて手の内に入れているようですし、今回一気にGI制覇まで果たしてもおかしくありません。