「アメリカン・アイドル」審査員 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

 米オーディション番組「アメリカン・アイドル」が2016年に終了することになったと、エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 同番組は、イギリスの「ポップアイドル」を下敷きに、2002年から全米放送を開始した視聴者参加型番組で、アメリカで社会現象を巻き起こした。06年の最終話では3600万人の視聴者数を獲得。しかしその後、徐々に人気を落とし、シーズン14となる今年の平均視聴者数は1160万人だった。

 複数の都市で展開する大規模オーディションや、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、スティーブン・タイラーら大物歌手が務める審査員のギャラなど製作費が高いため、米FOXは16年のシーズン15で打ち切りを決定したという。なお、同番組はケリー・クラークソン、クレイ・エイケン、キャリー・アンダーウッド、ジェニファー・ハドソンなどのスターを生み出してきた。