「何とかしないと」と言われても…/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヘンリー王子が、父親のチャールズ皇太子の遺伝子を受け継ぎ、だんだん頭が禿げてきたことを自らファンに認めた。

【写真を見る】ファンと触れ合うヘンリー王子。頭頂部が寂しくなってきている?/写真:SPLASH/アフロ

オーストラリアでの軍の任務を終え、ニュージーランドを訪問したヘンリー王子は、マオリ族の戦いの踊り「ハカ」を披露するなど現地の人々との交流を深めている。

いくつかの部族の先祖から伝わる家に公式招待されたヘンリー王子は、マオリ語で挨拶をしたり、部族の人々と一緒にカヌーで川下りをしたりしたが、川岸についてカヌーから降りたところで女性ファンの一人から「お父様に似てらっしゃいますね」と言われて、「僕も髪が薄くなってきたんですよ」とこぼしたと英紙ミラーが伝えている。

ヘンリー王子の頭髪の減少は兄のウィリアム王子ほど顕著ではなく、赤毛のカールで前面から見るとわからないが、斜め上から撮影した写真で頭頂部の寂しさが明らかになることが多く、一昨年ぐらいから話題になってきた。「早いうちに何とかしないと父親や兄のようになるのでは」と囁かれてきたが、やはり本人も気にしていたようだ。

しかし、そんな心配はご無用のようで、どこに行っても女性たちの歓声を浴びている。オーストラリアでは女性ファンの一人に「結婚して」と迫られてキスをしたが、ニュージーランドではマオリ族流の互いの鼻と鼻をこすり合わせる挨拶に挑戦しており、若い女性から部族の男性まで幅広く鼻キスを行っている姿が写真に撮られている。【UK在住/ブレイディみかこ】