60年代のアングラカルチャーをけん引した寺山修司

写真拡大

 10月22日に開催する第28回東京国際映画祭で、クラシック特集として、寺山修司とオーソン・ウェルズの特集上映が行われることが決定した。

 詩人・演出家・映画監督とマルチな才能を発揮して60年代のアンダーグラウンドカルチャーをけん引した寺山の生誕80年を記念した特集「テラヤマ・フィルムズ」では、カンヌ映画祭に出品された「田園に死す」(1974年)、泉鏡花の同名小説を元に映画化した「草迷宮」(1978年)など長編映画作品を紹介し、映画監督・寺山修司の姿を追いかける。

 「市民ケーン」(1941年)でセンセーショナルな映画界デビューを飾り、世界映画史に多くの伝説を残した“天才”ウェルズの生誕100年を記念した特集では、ミュンヘン映画博物館の協力を得て、多くの未完作品や異なるバージョンを含む膨大なフィルモグラフィーを紹介し、ウェルズのエネルギッシュで独創的な仕事ぶりと「まだ誰も知らないウェルズ」に迫る。東京国立近代美術館フィルムセンター、モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)との共催となる。

第28回東京国際映画祭(www.tiff-jp.net)は、六本木ヒルズほかで10月22〜31日まで開催。