2015年クラシック候補たち
■第12回:レーヴミストラル

 GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)のトライアル戦、GII青葉賞(東京・芝2400m)が5月2日に行なわれた。2着までにダービーの優先出走権が与えられるこのレースを制したのは、1番人気のレーヴミストラル(牡3歳/父キングカメハメハ)だった。

 この白星によって、ダービー戦線の"新星"として名乗りを上げたレーヴミストラル。しかし同馬は、すでにデビュー前から、この世代でとりわけ大きな注目を集めていた一頭である。

 注目の理由は、その血統背景にある。同馬の姉は、デビューから3連勝でGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2010年/阪神・芝1600m)を制したレーヴディソール(父アグネスタキオン)。また、兄には2009年の青葉賞を制し、続く日本ダービーで5着と健闘したアプレザンレーヴ(父シンボリクリスエス)がいる。その他の兄姉も軒並みオープンクラスで活躍しており、これらの母であるレーヴドスカーは、まさに日本屈指の繁殖牝馬と言える。

 さらに、この母のすごさを物語るのは、産駒の牡馬すべてが「ダービー出走」を果たしてきたこと。前述したアプレザンレーヴに限らず、ナイアガラ(2006年=17着/父ファンタスティックライト)、レーヴドリアン(2010年=11着/父スペシャルウィーク)と、結果を出せなかったものの、クラシック最高の舞台で奮闘した。
 
 こうした血統背景から、多大なる期待を背負ってきたレーヴミストラル。デビューから2戦は連敗を喫したものの、3戦目の未勝利戦(1月24日/京都・芝1800m)で初勝利を飾ると、以降は素晴らしい末脚を披露して破竹の3連勝を飾った。青葉賞でも豪快な差し切り勝ちを収め、兄たちに続いてダービーの出走権を獲得。いよいよ、兄たちが果たせなかったダービー制覇という夢を目指すこととなった。

 同馬を管理するのは、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の松田博資厩舎。ここへ来ての快進撃について、陣営は「体質強化により、力を出せるようになってきた」と話しているという。その点について、関西競馬専門紙のトラックマンが説明する。

「3走前から、レーヴミストラルの体重がレース毎に増えているんですよ。特に青葉賞では、初めて関東圏への長距離輸送をこなしたにもかかわらず、プラス体重でした。陣営は、この点に同馬の体質強化を感じていて、『もともと素質は感じていたが、体がしっかりしたことで、やっとそれをレースで出せるようになってきた』と分析しています。まだまだフォームなどには未熟な部分もあるようですが、逆に言えば、ダービーに向けて、さらに良化する余地を残している、ということではないでしょうか」

 同馬を管理する松田調教師は、来年2月で定年を迎えるため、今年が最後の日本ダービーとなる。まだその美酒を味わっていない同師にとって、まさしくこれがラストチャンス。レーヴミストラルで挑むダービーは、調教師生活の集大成となるだろう。前出のトラックマンが、そんな陣営の意気込みを伝える。

「唯一の不安点として、陣営は『青葉賞に続いて、短期間のうちに再度、長距離輸送をこなさなければいけないことが心配』と話しています。そうは言っても、経験豊富な厩舎ですからね。すでに輸送に対しての対策は練っているようです。

それ以上に、陣営としては期待のほうが大きいのではないでしょうか。『ダービーと同じ舞台の前哨戦を勝てたことが大きい』と、手応えを感じていましたからね。そして何より、レーヴミストラルは折り合いや距離に対する不安がありません。皐月賞組は確かに強いと思いますが、それらのライバルが、折り合いや距離に苦労するようであれば、ひと泡吹かせるシーンがあってもおかしくないと思いますよ」

 競馬界最高峰の"夢舞台"日本ダービー。レーヴミストラルは、一族の悲願を、そして名トレーナーの大願を成就することができるのか。5月31日、決戦の火ぶたが切られる。

河合力●文 text by Kawai Chikara