■月間特集 春競馬、クライマックス(21)

 クラシック戦線(※)は、戦いの舞台を東京競馬場に移し、オークス(5月24日)、ダービー(5月31日)が行なわれる。
 3歳牝馬の頂点を決するオークスはトライアルが先週終了し、残り2週間に迫った。最近は牡馬を凌ぐスーパー牝馬がたびたび登場したりと、ますます注目度が上がっている。そのレースの魅力や特徴、そして記憶に残るレースについて、元ジョッキーで、現在テレビで競馬解説者として活躍中の"ホソジュン"こと、細江純子さんに語ってもらった。
※牝馬戦線=桜花賞(阪神・芝1600m)、オークス(東京・芝2400m)。牡馬戦線=皐月賞(中山・芝2000m)、ダービー(東京・芝2400m)、菊花賞(京都・3000m)

 オークス(東京・芝2400m)は、3歳牝馬の頂点を決める競走ということもあって、「過酷だなあ」というひと言に尽きます。なんといっても、ほとんどの馬にとって未経験の距離である"2400m"に挑むという点。桜花賞(阪神・芝1600m)から800m、フローラステークス(東京・芝2000m)から400m延びることで、それまでの3歳牝馬が歩んできたところにあるものとは、まったく異なる難しさと直面するからです。

 もともと牡馬に比べて牝馬は性格的にキツくて、ナイーブな面があります。調教やレースの経験を重ねることで、それがより顕著になってくるのがこの時期。考えてみてください。調教では負荷をかけられて、レースでは泥だらけになったり、勝てればいいけど負ければプライドもズタズタなったりと、しんどいことの繰り返しによる過酷さ。多感な乙女たちにとって、そういう過酷な日々を超えた先に、さらに急激な距離延長という壁となってたちはだかるのです。

 また、距離が長くなることの対策で、ふだんと調整が変わることでも、デリケートに反応する馬がいます。中には、食事を取らなくなって、そのために強い調教もできなくなり、そうして精神的にイライラして、ちゃんとコミュニケーションがとれず、すべてが崩れてしまうということも少なくありません。輸送や初めての競馬場で1泊することが影響してしまう馬もいます。

 正直、距離適性というのはこの時期では、まだ見えてきません。いかにジョッキーとのコミュニケーションで、道中をリラックスして走らせられるかが大事になってきます。

 となると大事なのは前哨戦での内容。ひょっとしたら2400mにうまく対応できるんじゃないかという片鱗を見せるケースもあります。例えば2011年のオークスを勝ったエリンコート。忘れな草賞(阪神・2000m)の3コーナーで他馬が動いたときに、それにつられずにちゃんと我慢ができていました。こういう姿を見せている馬は、オークスでも鞍上のゴーサインが待てるのです。

 また、1600〜1800mだと忙しすぎて、前半置かれてしまうような馬もいいでしょう。とにかく折り合いの心配なく、レースに挑めることは、ジョッキーにとっても大きなアドバンテージなります。逆に折り合いが難しいと、そこに注力してしまって、レースの中、微妙に反応が遅れたり、後手に回ることになって、組み立てるとか、相手を見るとか、展開も何もなくなってしまいます。
 
 ハープスターがすごい脚を持ち、あれだけ強いのに、ヌーヴォレコルトに去年のオークスでやられたのは、あの時点でのハープスターはリズムを大事にすることに注力せねばならず、後ろから行く競馬に徹していたからです。それに対して岩田康誠(やすなり)騎手とヌーヴォレコルトは先にうまく立ち回ることで、これを完封しました。

 牝馬特有の難しさにばかり触れてしまいましたが、それを踏まえてもオークスは競馬が初めての人にもオススメのレースです!

 当日の競馬場の雰囲気も、他の大レースの日と違って、女性向きの明るさ、華やかさに満ちあふれています。なんといっても3歳牝馬のかわいらしさがあるし、各馬の担当スタッフの愛情がパドックでは見ることもできます。なにしろ、過敏で繊細な牝馬を相手にしているだけに、扱う担当者の皆さんはみんな優しい。飼い葉食いの悪い馬だと、何時間もかけて自分の手であげたり、当日は馬房の前にいて安心させてあげたり、という話も聞きます。曳(ひ)くときも、力強いとか意気揚々というよりも、さながら従者のように優しくエスコートするような感じです。小さい女王様の戦いですからね。

 また、このレースを見ておくと、秋以降の勢力図も見えてきますし、夏を越して成長の違いが見えるという楽しみもあります。

 思い出のオークスというと、最近のところで真っ先に思い出すのが、2010年のサンテミリオンとアパパネの同着です。

 GIで1着同着は史上初めて。いつもなら、検量前に写真判定を待つ2頭が歩いていても、どちらかに明暗が分かれてしまい、その結果で2頭の向かう先が別々になってしまう姿は、しのびなく思っていました。それが、あのときは2頭1着という大団円で、あの場にいた誰もが笑顔になれる決着でした。

 その後、サンテミリオン騎乗の横山典弘騎手とアパパネ騎乗の蛯名正義騎手がお互いを称えたいと、肩を組んでの勝利騎手インタビューに臨みましたが、そうした光景もなかなか見られるものではありません。しかも、お互いベテランで、ここまで競馬シーンを引っ張ってきた認め合う2人だからこそ、絵になったというのもあります。

 そういえば、あの年のアパパネは距離不安が戦前ささやかれていましたが、蛯名騎手がデビューからずっと乗って、コンタクトをしっかりとってきた強みを本番で発揮できたと思います。

 もうひとつ印象に残っているのは、2012年のジェンティルドンナが勝ったオークスです。あのときはジェンティルドンナの当時の主戦の岩田騎手が騎乗停止を受けてしまい、川田将雅(ゆうが)騎手に臨時にスイッチしたときでした。ジョッキーというのは、自分が乗れず、他人で勝たれてしまうと、馬を応援するつもりはあっても、なかなか受け入れられないもやっとしたものがあるのが普通です。

 ですが、岩田騎手はジェンティルドンナのことがすごく好きで、乗り代わりが決まったときだけじゃなく、枠が決まったらすぐに川田騎手に連絡をして、アドバイスを送るなど、ジェンティルドンナが勝つために、自分も川田騎手といっしょに戦いを挑んでいるようでした。レース当日も、テレビを見ながら、「そうそう! そのまま、ドンピシャ! 行けー!」と応援して。

 当時のジェンティルドンナも、アパパネと同じく距離不安がささやかれていましたが(桜花賞馬でありながら、3番人気)、この勝利でそれも一蹴。その年は、終わってみれば3歳牝馬三冠に加えて、ジャパンカップでオルフェーヴルも下しました。あのオークスはその後のジェンティルドンナの活躍を決定づけたレースだったのかもしれません。

 さて、今年のオークス(5月24日)ですが、桜花賞(4月12日)のメンバーの中では、着順はともかくクイーンズリングはすごいなと思いました。トライアルで体重を大きく減らして、桜花賞でもマイナス体重だったのですが、まったくもって体を小さく見せていませんでした。レースでも4着で、相当ポテンシャルは高いと思います。輸送という課題はありますが、それをクリアできればとても楽しみです。

 それからミッキークイーンにも注目しています。桜花賞は2/3の抽選に漏れて、忘れな草賞(4月12日)に回りましたが、そこで余裕たっぷりの勝利。オークス出走を確実にする賞金も加算できました。抽選に漏れた時点では運がないのかもと思いましたが、桜花賞に出ていたら、なにしろあの展開(前半3ハロン37秒1、5ハロン62秒5という超スローペース)でしたから、どんな結果になっていたか、わからなかっただけに、『災い転じて福となす』とばかりに実は運が一番あるのかもしれません。

 今年もどんなドラマがあるのか、乙女たちの頂上決戦が今から待ち遠しいですね。

スポルティーバ編集部●構成 text by Sportiva