2015年クラシック候補たち
■第11回:シングウィズジョイ

 3歳牝馬クラシック第2弾、GIオークス(5月24日/東京・芝2400m)への優先出走権(3着以内)がかかったGIIフローラS(東京・芝2000m)が4月26日に行なわれた。勝ったのは、2番人気のシングウィズジョイ(牝3歳/父マンハッタンカフェ)だった。

 昨年7月にデビューしたシングウィズジョイは、2戦目で初白星を手にすると、オープン特別の野路菊S(2014年9月20日/阪神・芝1800m)に出走。牡馬相手に僅差の2着と健闘し、早い段階から高い能力を見せていた。

 しかし、その後のクラシック出走をかけた重賞やオープン戦では精彩を欠いた。上位争いに加わることなく、クラシック第1弾の桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)出走はならなかった。

 シングウィズジョイが再び軌道に乗ったのは、目標をオークスに切り替えて臨んだ500万下の君子蘭賞(3月28日/阪神・芝1800m)。3番手から直線入口で先頭に立った同馬は、他馬が並んでからもう一度突き放す根性を見せて、久しぶりの勝利を飾った。

 そして、迎えたフローラS。ここでも2番手から直線入口で先頭に立つと、迫るライバルを抜かせない粘り腰を発揮して、勝利をもぎ取った。派手さはないものの、長くいい脚を使える持久力と、たぐいまれな根性を武器に、ついに大舞台へと駒を進めた。

 シングウィズジョイを管理するのは、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の友道康夫厩舎。陣営は、同馬について「ここに来ての成長を感じている」と前向きな発言を繰り返しているという。その様子を、関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「陣営によると、『2歳の頃は素質だけで走っていたが、君子蘭賞あたりから、筋肉のつきがかなりよくなってきた』とのことです。加えて、もともと長い距離でこそ、良さが生きるタイプと考えていたようで、レースの距離が延びたことも、結果につながっているのではないでしょうか。(オークスの)未知の距離となる2400mについても、『距離については、まったく心配していない』と、かなりの自信がうかがえました。スタミナ勝負になれば、チャンスが巡ってくるかもしれませんね」

 オークスと言えば、どの馬にとっても初体験となる2400mという距離が課題になるが、それに対して、まったく不安がないのは相当な強みだ。さらに陣営は、「コンビを組む内田博幸騎手が、この馬を完璧につかんでいることが何より大きい」と言う。先述のトラックマンが続ける。

「2連勝について陣営は、『内田騎手がシングウィズジョイの持久力と勝負根性を引き出してくれた』と絶賛しています。オークスについても、『2連勝と同じように早めに抜け出して、根性比べの展開に持ち込むことができれば、まず崩れない』と踏んでいます。それだけに、シングウィズジョイと手が合う内田騎手の存在は、頼もしい限りでしょうね」

 内田騎手と友道厩舎と言えば、GIを2勝したヴィルシーナとのコンビが記憶に新しい。偶然ながらヴィルシーナも、卓越した勝負根性で叩き合いを制する"しぶとさ"が身上の牝馬だった。ヴィルシーナは3歳クラシック制覇には手が届かなかったが、その無念をシングウィズジョイに託すこととなる。

 また、シングウィズジョイの母シングライクバードも、現役時代は友道厩舎に所属。まさに「厩舎ゆかりの血統」であり、厩舎スタッフは、母が果たせなかったクラシックでの活躍を、娘に託しているに違いない。

 人馬の"縁"を力にして、オークスに挑むシングウィズジョイ。混戦となった牝馬戦線において、彼女が秘める"勝負魂"こそ、最大の武器になるはずだ。

河合力●文 text by Kawai Chikara