写真はオフィシャルブログより

写真拡大

 モデルから女優へと転身した本田翼(22)。だが、その演技の評価は散々で、彼女が出演したドラマ『ショムニ2013』(フジテレビ系)、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系)では、視聴率低迷の戦犯とも言われている。主演映画『アオハライド』では、「演技が下手すぎ」「棒演技」と悪評価が主で、そのため、一時期は干されたとも噂されたほどだ。

 だが、そんな噂も関係なく、現在、ドラマ『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS系)に出演。先日発表されたビデオリサーチの「タレント別テレビCM量」では9位にランクイン。確かに彼女が出演しているCMを見ない日はない。

“かわいいだけ”が武器になる

 ドラマや映画の戦犯とまでいわれる彼女が、なぜここまで活躍できるのか。4月27日発売の「フラッシュ」(光文社)では、「年間契約で、1本1千万円とコスパがよく、女性からの好感度も高いから」と分析している。

 その実情を、芸能関係者が教えてくれた。

「現在CM女王といわれる、上戸彩(29)や綾瀬はるか(30)は、年間契約相場は3,000万〜4,000万円。それに比べれば確かに本田のギャラは安い。しかし、本田はドラマや映画をヒットさせた実績がない。普通は、CM契約にネガティブに働くのですが、彼女の場合はマイナスになりません」

 確かに、「演技がひどい」「ドラマや映画が失敗した原因」と揶揄されながらも、CM出演はあとを絶たない。

「彼女は見た目の“かわいさだけ”が一番の武器。だから代表作がなくても、作品がこけても影響はないんです。実際に『ヘタクソ(な演技)だけど、かわいいから許す』という声は多く、彼女はどんな演技をしても許される希有なキャラクター。逆に、話題のドラマに出演している彼女が1,000万円で使えるというお得感さえ生まれます。さらに、真面目でスタッフにも好かれ、スキャンダルも少ない。本当にCM向きです」(同関係者談)

 そして、大ヒット作がないことが、逆にCMを増やしているともいう。

「まだ代表作がないだけに、彼女には色がない。だから、いろいろなスポンサーが彼女のビジュアルを看板に使いやすくなります。“かわいいだけ”だからこそ、CMの幅が広がります」(同関係者談)

 同じくモデルから女優に転身して、演技が下手の定評をもらった佐々木希(27)は現在、CMギャラは3,000万円までいった。本田翼も“かわいいだけ”を武器にして、いずれは彼女クラスまで上り詰めそうだ。

(取材・文/タナカアツシ)