■4月特集 春競馬、クライマックス(20)

 一昨年の日本ダービー馬キズナ(牡5歳)が、GI天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)のリベンジに挑む。

 昨年の同レースでは、断然の1番人気で4着に敗れた。前哨戦の大阪杯(1着。2014年4月6日/阪神・芝2000m)で見せた、どこまでも伸びていきそうな末脚は完全に鳴りを潜めてしまった。レース後には骨折も発覚。期待された秋の凱旋門賞(フランス・芝2400m)遠征など、その後のスケジュールはすべてが白紙になった。

 あれから1年。キズナは、まだ"完全復活"を果たしていない。

 復帰戦となった京都記念(2月15日/京都・芝2200m)では、骨折明けながらメンバー最速の上がりタイム(33秒3)を記録したが、着順は3着にとどまった。続く大阪杯(4月5日)でも、"復活"を思わせるような末脚を披露しながら、2着に敗れた。昨年の天皇賞・秋(2014年11月2日/東京・芝2000m)を制したスピルバーグ(牡6歳)ら実力馬が不良馬場に伸びあぐねる中、直線で一旦は先頭に立ったものの、最終的にはラキシス(牝5歳)に差し返されてしまった。

 一抹の不安を抱えながら臨む、目標の大舞台。4月29日に行なわれた最終追い切りでは、主戦の武豊騎手を背に坂路を駆け上がって、素晴らしい反応を見せた。管理する佐々木晶三調教師も、その動きの良さには太鼓判を押した。

「絶好の状態で送り出した大阪杯のあと、少し疲れが出たところもあったけれど、大阪杯の前と同じいい状態に持ってこられました。申し分ない出来で、天皇賞・春に送り出せます」

 とはいえ、やはり気になるのは「絶好の状態」だったという大阪杯で、牝馬のラキシスに足もとをすくわれたこと。武豊騎手騎乗の断然人気馬(キズナ)が、クリストフ・ルメール騎手騎乗の伏兵馬(ラキシス)に敗れたシーンは、さながらキズナの父ディープインパクト(鞍上・武豊騎手)が3歳時の有馬記念(2005年12月25日/中山・芝2500m)で、当時GI未勝利のハーツクライ(鞍上・ルメール騎手)に敗れたシーンを彷彿させるものだった。

 指揮官は、その敗戦をどう見ているのか。佐々木調教師は、サバサバと振り返った。

「前走? うん、負けてしまったね。ただ、大阪杯は勝った馬がかなり強かった。昨年末の有馬記念(ラキシス=6着)とかも見て感じたけど、あの馬は相当強いですよ。それが、結果に出ただけ。キズナ自身、後方からいい伸びを見せましたから。ああいうのを、『すべてを飲み込む脚』と表現するんだろうね。(キズナが)能力を発揮していたのは、確かです」

 昨年、天皇賞・春を前にして佐々木調教師は、「この馬(キズナ)については、レースに出すからには、全部勝つつもり。ひと叩きとか、そういう意識は持っていません。大阪杯も、天皇賞も、凱旋門賞も、その点では違いはないんです」と断言していた。皮肉にも、それ以降の3戦は勝利から遠ざかっているが、決して勝利に向けての執念が薄れたわけではない。

「以前からそうだったけれども、この馬(キズナ)はレースに全力投球してしまうところがあるんです。ましてや、ダービー馬。どんなレースでも、無様なレースはできません。だから、先のことは、レースが終わってから。まずは無事に。目の前の一戦一戦が勝負という気持ちは変わりません」

 キズナに対する信頼と、それゆえの一戦ごとの全力投球は、昨年も、今年も揺るぎがない。それは、指揮官の口調からも十二分に伝わってくる。だが、「まだ完全復活を果たしていない」という見方をする周囲と同じように、指揮官も何かしら不安を抱えているように感じた。すると、キズナに全幅の信頼を寄せる指揮官が、自問自答するかのように、ひとつだけポツリと懸念を漏らした。距離への適性だった。

「馬はものすごく良くなって、成長もしている。ただ、マイラーっぽくなっているというのかな......この馬の末脚の切れというのは、以前は徐々に加速していって、最後の100mでさらにグーッと伸びるイメージだった。それが今年の2戦は、一瞬だけ、超一流の爆発力を見せるような感じになっていた。大阪杯でも、坂を上がるときはすごい脚だったけど、上がり切ってからピタッと止まって、そこをラキシスにやられたように見えました。能力の高さは変わらないけれど、成長するに連れて、(馬の)タイプが変わってきているんじゃないかな、と。

(キズナは)持っている能力の絶対値が違う。それで、距離に対応できるように馬を作っていけば『ダービーも狙える』と思って、試行錯誤の結果、実際にダービーを勝つことができました。でも、もともとこの馬は、本質的にはマイルから2000mくらいがいいタイプと見ていました。最初に馬を見たときの印象もそうでした。そしてそのとおり、今では休みを挟んで体型がマッチョになって、当時のイメージに近づいてきている。競走馬としてのタイプが変わってきたな、という感じがします」

 ということは、今のキズナにとって、状態よりも距離がいちばんの課題ということなのだろうか。

「昨年も、勝負どころの動きを見ていて、『あれ? これは勝てないぞ』と思いました。後からレース中に骨折していたことがわかって、敗因をそこに求めましたが、あの動きの悪さは本当に骨折が理由だったのか、実は距離適性だったのか、正直わからない、というのが本音です」

 一昨年の凱旋門賞で、オルフェーヴルの後方からまくるように進出し、最後まで食い下がったキズナ(4着)。その脚から想像するに、距離適性に不安があるとは信じ難い話だ。まして、3200mという長丁場の天皇賞・春において、距離適性うんぬんは真っ先に語られるはずの、出走への判断材料となるだけになおさらだ。

 にもかかわらず、佐々木調教師は何ら悲観していない。淡々と語る見解とは裏腹に、その口調からはある種の覚悟のようなものが感じられた。穏やかに話しながらも、名馬を持つ指揮官ゆえの強い信念が伝わってきた。

「キズナはこの先も、無事なら2000m以上の距離を戦っていかなければいけない馬。泣き言は言っていられません。適性はベストではなくとも、適応力を含めて、能力は間違いなく"超一流"。その能力をうまく出し切れば、と思っています。

 作戦? ないない(笑)。ユタカちゃん(武豊騎手)にお任せです。それは、これまでと同じ。(武豊騎手とは)特に細かい話はしていないけど、この2戦で彼も(自分と)同じようなことを感じているだろうし、彼自身、思うところもあるんじゃないかな。何にしても、(キズナの)状態はいいだけに、"天才"武豊がどう能力を引き出すのか、そこは楽しみなところ。あとは、とにかく無事にレースを終えてほしい」

 佐々木調教師からは、気負いや不安は感じられない。むしろ、キズナが新たな一面を見せてくれるのではないか、という期待さえうかがえる。

 名トレーナーから目いっぱいの愛情を注がれてきたキズナ。骨折を乗り超えて、競走馬としての変貌を見せつつある今、再び飛躍することができるのか。名馬の完全復活とリベンジをかけた戦いのゲートが、まもなく開く。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu