悩みを解消! 4つの方法でストレス軽減

写真拡大

私たちの体は通常多少のストレスに打ち勝つことができるのですが、一定のレベルを超えてくるとストレスを処理することができなくなります。ストレスを和らげようとするホルモンが、一定以上のストレスを処理できずにいると、さまざまな体内器官や機能に影響を及ぼしてしまうため、体も心も弱ってきてしまいます。ストレスは溜めこまないように、軽減するよう自ら心がけなければなりません。

気軽にできることから始める

モテる女がしないことの筆頭に、相手を否定することが挙げられます。誰でもそうですが、特に男性は自分を拒否されることに大きな抵抗があるそう。モテる女は、誰の話でもよく聞きます。相手に向き合いうんうんと相づちを打ち、たくさんの話を聞き出します。「でも〜」「だけど〜」と会話を返してしまう人は、そこを気を付けるだけでも印象がかなり変わるそうですよ。

1.ハーブを取り入れる

ハーブを取り入れる方法はとても効果的です。香りをかぐだけでも体内に影響を与えるほど、昔からも薬効として使われたほどです。心身ともにリラックスできたり、低下していた免疫機能や、崩れていたホルモンバランスを整えていくので、不調を感じていた部分がいつの間にか消えている、といったふうに緩やかな効果が出てきます。
さまざまなハーブがありますが、自分にとって心地の良いハーブや、それぞれの効能を見て決めるようにしましょう。ハーブティーを取り入れたりアロマとして取り入れたりと、さまざまな取り入れ方があるので、自分が続けやすく好きなものを選んでみてください。ハーブの効き目はいつの間にか、「あれ? なんか変わった」といったようにとても緩やかですが効果があります。

2.オイルマッサージ

ストレスは心にダメージを与えるだけではありません。実は自分でも気づかないうちに感じているストレスなどがあり、それらは体に症状が現れることがあります。筋肉や関節などに症状が現れたり、神経痛などとして現れやすく、「なんでこんなところが痛むのだろう?」といったように、いつの間にか体の不調が出てきます。オイルマッサージは心身ともに癒しを与えてくれます。筋肉をマッサージでほぐすことで体から感じるストレスを取り除き、心への負担を軽減していきます。オイルを使うことで体がぽかぽかと温められるので、とても効果のある方法です。

3.アルコールを控える

アルコールを摂取することで愉快な気持ちになるため、ストレスを振り払おうとアルコールに逃げるのは逆にストレスを溜め込むことになります。アルコールは不安感やストレスを増強する原因です。すでにストレスを感じているならアルコールは控えた方が良いかもしれません。アルコールを控えることで、神経系の働きが良くなるので自分自身を客観視できるようになり、気持ちのコントロールも楽になってきます。

4.呼吸法を取り入れる

夜の就寝前や朝起きがけなどに、呼吸法を取り入れる習慣を付けるのもいいかもしれません。普段私たちは呼吸が浅く、そのため脳への酸素供給が低い状態にあります。脳はいつも酸素を必要としています。ストレスを感じるとより酸素が欠乏しがちになるので、意識をした呼吸をするととても心が落ち着き、ストレスを感じなくなってきます。呼吸はゆっくりと体全身を巡らせるように一定を保ちながら行うと、より効果的に酸素を体内に取り込め、ストレスを軽減させていきます。