■4月特集 春競馬、クライマックス(18)

 ダービー馬キズナ、GI・5勝のゴールドシップ、昨年2着のウインバリアシオンなど、昨年の上位人気馬が今年も出走してくるGI天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)。一見、代わり映えしないメンバーと思いきや、実力的にも血統的にも魅力的な1頭がいる。それがアドマイヤデウスだ。

 6月6日生まれと、3〜4月生まれが多いサラブレッドの中では遅生まれの部類に入る同馬。誕生後約3年で、成長期の真っ只中でもある3歳春のクラシック戦線において、2〜3カ月の差は大き、6月生まれの馬が活躍することは容易ではないのだが、アドマイヤデウスは昨年、皐月賞トライアルの若葉S(阪神・芝2000m)を制し、皐月賞(中山・芝2000m)9着、日本ダービー(東京・芝2400m)7着と、まずまずの走りを見せていた。

 ダービーのレース中に左前脚に軽度の骨折を発症。菊花賞戦線をあきらめることになったが、この休養が功を奏したのだろう。7カ月ぶりの出走となったGII日経新春杯(1月18日/京都・芝2400m)ではプラス8kgと馬体も成長を見せ、レースでは上がり3ハロン33秒8の瞬発力で最内を鮮やかに抜け出して押し切り、重賞初制覇を果たした。

 続くGII日経賞(3月28日/中山・芝2500m)では直線で外に持ち出し、1頭抜けた末脚の勢いで差し切り重賞2連勝。勝ちタイムはレースレコードを1秒上回る2分30秒2を記録していた。昨年の馬場改修で時計が出やすくなっているとはいえ、暮れの大一番・GI有馬記念(中山・芝2500m)でも、この時計を上回ったのは過去2回だけという優秀なものだった(昨年の有馬記念は2分35秒3)。

 破った相手も、前述のフェノーメノ、ウインバリアシオンの他、昨年の天皇賞・春3着のホッコーブレーヴ、菊花賞2着馬サウンズオブアースなど強豪揃い。それらを1馬身3/4も離して勝利したのである。

 今回のメンバーでは唯一、重賞2連勝で臨むことになり、勢いはピカイチ。そして、前述のように前年の中心馬が揃っていることもあり、人気は分散して、気楽な立場で臨めるのは有利に働きそう。距離に関しても、日経賞ではややズブさ(反応の鈍さ)を見せていたくらいで折り合いに不安はないし、距離延長はプラスだろう。

 血統を見てみよう。父アドマイヤドンはGI朝日杯フューチュリティSを勝った2歳王者ながら、その後GI6勝とダート戦線で大成した馬。南関東のクラシックレース・羽田盃を勝ったアウトジェネラルなどを出してはいるものの、本馬が初のJRA重賞勝ち馬だったように、それほど実績のある種牡馬ではない。その父ティンバーカントリーも、アメリカの2歳チャンピオンでありクラシックホースだが、日本では大物を出しているわけではないので、父馬だけ見れば、やや地味に感じてしまうかもしれない。

 もう少し突っ込んだ見方をしてみよう。アドマイヤドンは桜花賞、オークスを勝った名牝ベガの仔で、ダービー馬アドマイヤベガの半弟。姪には現役の桜花賞馬ハープスターがいる良血馬なのだ。種牡馬にとっては自身の競走成績だけでなく、血統の良さも大きな武器になるもの。今年は、三冠馬ディープインパクトの全兄ブラックタイドがキタサンブラック(GIIスプリングS)を出したり、祖母に名牝ダイナアクトレスを持つスクリーンヒーローがモーリス(GIIIダービー卿CT)を出すなど、"良血種牡馬"が期待以上に活躍馬を出している。アドマイヤドンもそのうちの1頭と言っていいだろう。

 父系だけでなく、母系も素晴らしい。現役の兄アドマイヤドバイはGIIIきさらぎ賞3着など3歳時に重賞戦線で活躍。母の弟にはアドマイヤホープ(GI全日本2歳優駿)、アドマイヤフジ(GII日経新春杯など重賞3勝)、アドマイヤコスモス(GIII福島記念)と3頭の重賞勝ち馬が出ている。祖母アドマイヤラピスもGIIステイヤーズSで後の天皇賞馬メジロブライトの2着に入り、芝3000mのオープン特別・嵐山Sを勝利した活躍馬で、牝馬では珍しいステイヤーなのだ。

 さらに牝系を遡(さかのぼ)ると、日本ダービー馬フサイチコンコルド、皐月賞馬ヴィクトリー、アンライバルド、GIオークスのエリンコート、米GIBCターフや英GIキングジョージ六世&クイーンエリザベスSを勝ったコンデュイット、愛GI愛2000ギニーのスペクトラム、英GI英オークス馬サンプリンセスと、"これでもか"というくらいに日本と欧州で活躍馬を送り出している世界的名牝系。アドマイヤデウスは、名牝ベガと欧州の名門の血を受け継ぐ、いわば"日本と欧州の誇る名血の結晶"と言うべき血統なのだ。

 この図式は何かに似ているな、と思い出したのが1996年の天皇賞・春の勝ち馬サクラローレル。欧州の名種牡馬レインボウクウェスト産駒の持ち込み馬でもある同馬も、欧州の名門牝系出身で、骨折明けの中山記念を勝利して3番人気で天皇賞・春に臨むと、ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ちムードの中、2馬身半差を付けて快勝した。

 今年は当時ほどの一騎打ちムードではないが、「骨折明け」「GI未勝利」「前走で重賞勝ち」などこの2頭には共通点が多い。今年の天皇賞で、アドマイヤデウスが覚醒し、"第2のサクラローレル"となるか注目したい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki