投打に活躍のエース!

投打に活躍の栗栖悠太(日高中津)

 2回に9番・栗栖悠太(3年)のタイムリーで先制した日高中津。4回には2番・仲大志(3年)のタイムリーや4番・増田雄亮(3年)の二塁打などで一挙5点を奪い、前半で大量リードを奪った。

 箕島は5回に1点を返してコールドゲームになる7点差を逃れたものの、日高中津のエース・栗栖に6安打1失点に抑えられて完敗。昨秋優勝校と3位校の一戦は、3位だった日高中津に軍配が上がった。

 「試合前からベンチを外れたメンバーが相手のことを研究してくれて、その配球通り投げられた」と振り返った日高中津の栗栖。9番打者には見えない打撃については、「たまたまです」と謙遜した。

 秋は県大会準々決勝で智辯和歌山を破るなど、3位で近畿大会に出場。しかし1回戦で大阪桐蔭に5回コールドゲームで大敗した。「手も足も出なかった」と近畿大会に出場したことで気付かされた力不足。大阪桐蔭戦でも先発した栗栖は、「坂道を走ったり、長距離をやったり、走り込みを重点的にやりました」と体力アップを課題に冬の練習に取り組んだ。

 この春はここまで4試合中、3試合で完投。全試合継投だった秋とは、まったく違う投手起用になっている。これは栗栖の体力アップと比例していると言えるだろう。「春の近畿大会に行って、見返したい」と話し、あと2勝して県大会優勝をすることを誓った。