4月特集 春競馬、クライマックス(17)

2015年クラシック候補たち
第10回:レッドライジェル

 3歳馬の頂点を決する、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)。「競馬の祭典」と言われるこの舞台への切符をかけて、今週末から優先出走権のあるトライアルレースが行なわれる。なかでも、本番と同じ舞台で施行されるGII青葉賞(5月2日/東京・芝2400m)は、注目の一戦となる。

 現在2連勝中と波に乗るレッドライジェル(牡3歳/父ディープインパクト)も、青葉賞からダービー参戦を狙う一頭だ。

 レッドライジェルは、昨年11月にデビューしたものの3連敗。トモがまだ緩く、未完成の部分があって、なかなか勝利には至らなかった。しかし、4戦目となった3歳未勝利(3月14日/中山・芝1800m)を最後方からまくって快勝すると、続く山吹賞(4月4日/中山・芝2200m)でも、最後方から直線一気の追い込みで勝利。上がり3ハロン(600m)を33.7秒という好時計をマークして、一躍ダービー戦線に浮上してきた。

 レッドライジェルを管理するのは、美浦トレーニングセンター(茨城県)の藤沢和雄厩舎。多くの名馬を管理してきた同厩舎では、連勝で勢いに乗るこの若駒への評価が高まっているという。関東競馬専門紙のトラックマンが語る。

「2連勝は、いずれも直線の短い中山競馬場。それも、届きそうにない位置から白星を手にしました。そのレース内容には、陣営も驚きを隠せなかったようです。スタッフたちは当初、『(レッドライジェルが)完成するのはまだ先』と評していましたしね。そうした状況にあって、圧巻の2連勝を飾り、同馬はその後も成長を重ねているとのこと。この短期間の間にも、さらにスケールアップしているかもしれません」

 レッドライジェルの特徴は、道中ポツンと離れた最後方を追走し、直線で一気に追い込む"父親譲り"のレーススタイル。そもそも、同馬の"精神的な弱点"から生まれた戦法だったが、ダービーへ向けては、「それが大きな武器になる」と陣営は見ている。先述のトラックマンが続ける。

「レッドライジェルはかなり臆病な性格で、ゲートを怖がって出遅れたり、レース中にも他馬を気にして怯(ひる)んだりするところがあったようです。それで、思い切って最後方から追い込むスタイルにしたのですが、結果的にこれが、同馬が秘めていた末脚の爆発につながりましたよね。そして、青葉賞やダービーの舞台となるのは、直線が長くて、広々とした東京競馬場。同馬の戦法が、余計に生かされるのではないでしょうか。あるスタッフによれば、『最近は、馬自身も自信を持ってきて、臆病な面が少しずつ解消されてきた』とのこと。今後がますます楽しみです」

 数々のGIタイトルを獲得してきた藤沢調教師。しかし、ダービーの栄冠はいまだ手にしていない。2着の経験は2度があるが、あと一歩で涙を飲んでいる。2着にとどまった2頭は、のちに名馬の仲間入りを果たすことになる、シンボリクリスエスとゼンノロブロイ(※)。実は2頭とも、山吹賞、青葉賞と連勝して、日本ダービーに駒を進めた。
※シンボリクリスエスは天皇賞・秋、有馬記念などGI4勝。2002年、2003年と2年連続で年度代表馬に輝く。ゼンノロブロイは2004年秋に、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念と「秋の古馬三冠」を達成。同年の年度代表馬となる。

 同厩の偉大なる先輩たちと同じ道をたどってダービーを目指すことになるレッドライジェル。名トレーナーのダービー初制覇の夢を叶えることができるのか。まずは、青葉賞で大一番への切符を狙う。

河合力●文 text by Kawai Chikara