加藤茶

写真拡大

27日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)で、デヴィ夫人加藤茶の「ボケ具合」を心配する一幕があった。

番組冒頭、ゲストのデヴィ夫人と加藤の共通点について紹介した。司会の小堺一機がふたりに面識を問うと、デヴィ夫人は「ええ、何回か」とにこやかに答えた。

ところが加藤はあるとしながらも「でも仕事では初めてですよね?」と訊ねた。するとデヴィ夫人は「そんなことないわよ」と顔を曇らせ、「あなた、ボケてない?」と心配気な表情をみせた。

デヴィ夫人によると、加藤とは何度も共演しているそうで、となり同士に座ったこともあるという。

あわてた加藤は「ボケてます、完全に。はい」と恐縮し、小堺も「大丈夫ですか。最近皆さん心配してますから」と気遣った。小堺の言葉に反応するようい加藤は観覧席に向かって「ごめんなさいね。ボケてますよ、ハッキリ!」と改めて「ボケ宣言」をして笑いを誘った。

加藤は昨年、入退院を繰り返しており健康不安説が流れている。

その後、番組ではモニターを使って、デヴィ夫人の社交界デビューと加藤の芸能界デビューが同年の1962年であることを紹介した。

モニターに映る若かりし頃の自身の写真を見た加藤は「これね、ドリフターズに入る前ですね」と説明すると、デヴィ夫人は「あ、全然ボケてない。大丈夫です」と再びイジった。

これに加藤も「ハッキリしてきましたから、だんだん」と調子を合わせ、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
加藤茶の妻・加藤綾菜のブログに怪し気な痕跡 「歯磨けよ!風邪引くなよ!また明日!」
加藤茶、相手にかけられた言葉を「オウム返し」してしまう無意識の行動が発覚
とんねるず石橋貴明、加藤茶に憧れた子ども時代を明かす