『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第48回

パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、中小規模の牧場が発展するために、さまざまなアイデアを胸に秘めているという。そこで今回は、馬産地を取り巻く環境を踏まえつつ、中小牧場が活性化していくための提案を紹介していく――。

 サラブレッドの生産牧場にとって、もっとも大切な存在と言えるのは、「繁殖牝馬」だ。牧場に繋養(けいよう)されている繁殖牝馬が、どんな仔馬を生むかによって、牧場の利益に関わってくるからだ。だからこそ、どの牧場でも、常に優秀な繁殖牝馬を探し回っている。

 パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏も、「年間を通して、どこかにいい繁殖牝馬がいないか、探している」という。そしてそのために、1年のうち数カ月間は海外へ出向き、牧場やセリ市を回っている。2012年の日本ダービーを制した同牧場の生産馬ディープブリランテも、スウィーニィ氏が海外で見つけてきた繁殖牝馬から生まれた仔だった。

 ただし、海外から繁殖牝馬を持ち込む際には、さまざまな問題がある。スウィーニィ氏はそれを、「できれば、国に改善してほしい」と訴える。

「最大の問題は、関税です。日本では、繁殖牝馬を輸入するとき、その牝馬が受胎(※妊娠している状態)していると、340万円もの関税がかかってしまうのです。これは、中小牧場にとっては大きなダメージ。せっかく1000万円以下のお手頃な繁殖牝馬を見つけても、結局、関税によって高額な資金が必要になりますからね。この関税があるために、小さな牧場では、海外から繁殖牝馬を輸入しにくい状況にあるんです」

 繁殖牝馬は、基本的にほとんどの年で種付けが行なわれている。つまり、受胎していない期間は少なくて、繁殖牝馬を海外から輸入するとなると、大抵は340万円の関税がかかることになる。

「日高地方(北海道)の小さな牧場が大牧場に対抗するには、繁殖牝馬のレベルアップが不可欠です。そのためには、もっともっと海外からいい繁殖牝馬を輸入する必要があります。でも、大金を要する関税のおかげで、それが容易にできません。できることなら、この関税をなくしてほしいと思っています。これは、あくまでも要望ですよ(笑)。もちろん、その要望が通れば、生産者はすごく助かりますし、大変喜ばしいことですけどね。この問題については、今行なわれているTTP(※)交渉によって解決するかもしれません。そうなれば、牧場としてはうれしい限りです」
※日本、アメリカを中心とした環太平洋地域による経済連携協定。

 中小規模の牧場が活気づくためには、繁殖牝馬と同様に、種牡馬についても「いろいろと改革してほしい」と、スウィーニィ氏は語る。

「繁殖牝馬のレベルアップが可能になったら、次に重要なのが、その繁殖牝馬に配合する種牡馬。日本では、いろいろな機関で種牡馬が繋養されていますが、特に私たちのような日高地方の牧場と関係が深いのは、JBBA(日本軽種馬協会)です。JBBAは公益社団法人で、いわば国のお金で種牡馬を購入しています。そのため、比較的安い金額で種付けをさせてくれるので、日高地方の小さな牧場は重宝しています。が、JBBAの種牡馬の成績があまり芳しくはありません。希望としては、ここの種牡馬の質をもう少し上げてもらえれば、と思っています」

 JRAの種牡馬ランキング(4月24日現在)を見ると、JBBAの種牡馬はトップ30までには名を連ねていない。最高位は、バゴの34位となっている。これは今年に限ったことではなく、JBBAの種牡馬が上位20位以内に入ったことはほとんどない。

「かなりの高額で海外から購入した種牡馬も中にはいるので、この成績はちょっと厳しいと思いますよ。国のお金を使っているわけですから、もう少し種牡馬選びを工夫したほうがいいでしょう。例えば、日高の牧場がパートナーシップを組んで、JBBAと共同で種牡馬を購入するのはどうでしょうか。特に、日高地方出身の馬が活躍して引退するときなどは、共同購入という形でその馬を地元に呼び戻せばいい。そうすれば、馬産地もさらに活気づくはずです」

 公益社団法人のJBBAが、民間の牧場と共同で種牡馬を購入するのは現実的ではない。とはいえ、日高の中小牧場が成長していくためには、この地方の「核」となる種牡馬を作ることが必要。その考えから、スウィーニィ氏はこういったアイデアを思いついたという。

 スウィーニィ氏が胸に秘める改革案は、これだけにとどまらない。次回も、日本競馬への提言を続ける。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara