パレルモFWパウロ・ディバラの争奪戦が激化している。ユヴェントス、インテル、ローマだけではない。イタリアではナポリも獲得に動いている。

パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は24日、『Radio Crc』で、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と最近、ディバラについて話し合ったと明かした。

「ナポリがディバラを狙っている? それは事実だ。デ・ラウレンティスが個人的に動いた。かなりの確率で、彼らはチャンピオンズリーグに出場しないが、チームを改善するだろう」

「彼から連絡があって、近く会う予定だ。ただ、我々は深い友情と尊敬の念で結ばれている。アウレリオとの関係が特別であるのは確かだね。彼がディバラを獲得することを願っているよ。ディバラは新たな(リオネル・)メッシだ」