「ターミネーター」最新作ポスター(c)2014 PARAMOUNT PICTURES.ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

4月20日(現地時間)、米ラスベガスで映画興行主向けのコンベンション、シネマコンが開幕したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

シネマコンとは、メジャースタジオが興行関係者向けに行うラインナップ発表会で、世界の映画市場の拡大を反映して、今年は史上最大の参加者が見込まれている。劇場主やスタジオ重役、投資家などすでに3000人あまりが登録しており、そのうち900人はアメリカ国外の72の映画市場からやってくるという。なお、アメリカについで世界第2の映画市場に成長した中国は40人も送り込んでいる。

なお、今年は「ターミネーター:新起動 ジェニシス」の宣伝でアーノルド・シュワルツェネッガーが舞台挨拶を行うことが決定しているほか、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」でトム・クルーズがサプライズで登場するとの噂がある。ほかには「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ジュラシック・ワールド」、リブート版「ファンタスティック・フォー」「インサイド・ヘッド」などのフッテージ公開や舞台挨拶が予定されている。

■関連記事
「ターミネーター」最新作で新型ターミネーター出現&ジョン・コナーに異変!?
新旧T-800の発案者はあの監督!「ターミネーター」最新作WEB限定予告編が公開
「ジュラシック・ワールド」監督、スピルバーグと再タッグ
頭の中の秘密!「インサイド・ヘッド」本編映像で男女の会話の行き違いを紐解く
【特集】月刊MAD MAX 創刊号 〜リブート編〜 我々映画ファンはこの瞬間を待っていた──不滅の傑作最新作6.20公開!