「海のふた」ポスター(C)2015 よしもとばなな/「海のふた」製作委員会

写真拡大

菊池亜希子主演で、よしもとばなな氏の代表作を映画化する「海のふた」が7月18日に劇場公開されることになり、予告編とポスタービジュアルが完成した。

原作は、よしもと氏が初の新聞連載小説として2003年11月〜04年5月に読売新聞紙上で連載した同名小説。よしもと氏が毎夏に家族で訪れてきた西伊豆の海辺の町を舞台に、伝説的インディーズミュージシャン、原マスミの名曲にインスパイアされた物語が紡がれる。

本作は、「花宵道中」の豊島圭介監督が土肥で撮影を敢行し、寂れた生まれ故郷に戻った女性が新しい人生を歩み出す姿を通して、心を再生を描く。カルチャーに敏感な若者から熱い支持を受ける菊池が、ささやかな夢を胸に帰郷し大好きなかき氷店の店を切り盛りする主人公まり、「シグナル 月曜日のルカ」の新進女優・三根梓が顔に火傷のあとがあるはじめちゃんを演じている。

予告編は、一から手作業でかき氷店をつくりあげるまり、心に傷を抱え町にやってきたはじめちゃんらの交流をやわらかい映像で映し出す。手づくりの店でかき氷を振る舞い、大人から子どもまで笑顔にしていくまり。こだわり抜いたかき氷で、人々の心を溶かしていくまりの思いを丁寧にとらえた、癒しにあふれた内容となっている。

「海のふた」は、7月18日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「海のふた」予告編
菊池亜希子、よしもとばなな「海のふた」映画化に主演!三根梓と“かき氷屋”舞台に心の交流描く
菊池亜希子「グッド・ストライプス」でリアルな結婚事情に迫る!中島歩とダブル主演
安藤サクラ&井浦新、恋人役で再タッグ!よしもとばなな「白河夜船」を若木信吾が映画化
菊池亜希子の豆大福映画、シュールでなごむ予告編が公開