ドリームチームが描くスパイ救出劇「ブリッジ・オブ・スパイ」(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorksII Distribution Co., LLC.  Not for sale or duplication.

写真拡大

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本というドリームチームで描くスパイ救出劇「ブリッジ・オブ・スパイ」が、2016年に全国公開されることが決定した。あわせて、ハリウッドを代表する面々の豪華な顔合わせが実現した本作の場面写真がお披露目された。

米ソによる東西冷戦下の1960年に起きた、世界を揺るがす大事件「U-2撃墜事件」の知られざる真実を題材にした大作サスペンスドラマ。巨匠スピルバーグ監督が、混迷する今の時代だからこそ心をつかんで離さない衝撃的でエモーショナルな実話を、驚きとスリルに満ちたストーリーで描き出す。

CIAの関与で極秘裏にソ連領空内をスパイ飛行していた米国の高高度偵察機U-2が、ソ連によって撃墜され、パイロットは身柄を拘束されてしまう。事件の翌年、大統領に就任したジョン・F・ケネディは、捕虜となったパイロットを奪還するため、ひとりの男に白羽の矢を立てた。突如、極秘指令を受けた弁護士ジェームズ・B・ドノバン(ハンクス)は、巨大政府を相手にスパイを救出するという100%不可能と思われたミッションに、型破りな方法で挑む。

「プライベート・ライアン」(98)でアカデミー賞監督賞、「シンドラーのリスト」で作品賞・監督賞に輝いたスピルバーグ監督と、「フィラデルフィア」(93)、「フォレスト・ガンプ 一期一会」(94)で主演男優賞を2年連続で受賞したハンクスが、02年の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」以来13年ぶりに再タッグを組む。「ファーゴ」(96)で脚本賞、「ノーカントリー」(07)で作品賞・監督賞・脚色賞を受けたコーエン兄弟のほか、マット・チャーマン(英テレビドラマ「チェスター動物園をつくろう」)が脚本を担当。オスカー獲得数は合計9つというドリームチーム結成は大きな注目を集めており、全米では10月16日に公開されることから、早くも2015年度アカデミー賞有力候補と目されている。

■関連記事
スピルバーグ監督&ジェニファー・ローレンス、女性戦争写真家の映画で初タッグ
スピルバーグ監督、クリス・プラット主演のリブート版「インディ・ジョーンズ」に賛意
トム・ハンクス、キャロル・キングのブロードウェイミュージカルを映画化
トム・ハンクス主演大ヒットコメディ「ビッグ」がテレビシリーズ化
カンヌ映画祭審査委員長にコーエン兄弟