21日、中国で人気の日本人タレントの蒼井そらが、活動を制限されていることが原因で拠点を東南アジアに移すのではないか、と香港メディアが報じている。

写真拡大

2015年4月21日、中国で人気の日本人タレントの蒼井そらが、活動を制限されていることが原因で拠点を東南アジアに移すのではないか、と香港メディアが報じている。騰訊が伝えた。

【その他の写真】

4年前に中国版ツイッターのアカウントを開設し、フォロワーが殺到したことで話題に。中国での人気はその後も衰えることなく、現在のフォロワー数は約1572万人に上る。先日もスイカを食べる写真をアップしただけで、またたく間に1万人の「いいね」が集まるほど。トップ女優と肩を並べる影響力を持っている。

しかし、メディアを総括する中国国家広播電影電視総局(広電総局)が12年、テレビや映画の低俗化に歯止めをかける「限娯令」を発表したことから、活動に制限がかかっている。最近ではイベント出演も禁止されていると言われ、1回の出演料が100万元(約1900万円)と言われるだけに大きな痛手となっている。

香港メディアは、今後は東南アジアに拠点を移すのではないかと報道している。蒼井の人気は中華圏から東南アジアにも飛び火し、出演したタイ映画「I Fine…Thank You…Love You」は興行収入3億2000万バーツ(約12億円)で興行ランキング2位を獲得している。(翻訳・編集/Mathilda)